ユーロ2008予選 & トゥーロン国際大会

 
ウェールズ善戦 アイルランドに予選突破の可能性 ユーロ2008予選
 
6月2日、サッカー、ユーロ2008スイス/オーストリアの予選が欧州各地で行われました。
グループBのスコットランド、グループDのアイルランド、グループFの北アイルランドは試合がありませんでしたが、グループDのウェルズはホームでチェコと対戦し、スコアレスドローにもちこみました。FIFAランキングはもちろん、一般的な評価を考えても、これは大善戦と言えるでしょう。
グループDのドイツは、サン・マリノ6-0で大勝しましたが、アウェーで13-0で勝っていたことを考えれば、サン・マリノが善戦したと言えるでしょう。
これで、グループDではドイツが一歩先行しましたが、チェコアイルランドは7試合を終えて勝ち点差1(チェコが2位、アイルランドが3位)ですので、今後の展開ではアイルランドが2位の座を奪う可能性も出てきました。初秋まで時間がありますので、アイルランドは、現在育成中の若手が力を持ってくるでしょうし、ダミアン・ダフの穴も埋められるのではないかと思っています。
 
現在北アイルランドが1位をキープしているグループFでは、デンマークスウェーデンの試合(デンマークのホーム)で、終了間際のデンマーク選手退場を巡り、観客がピッチに乱入し、試合中止になりました。この結果についてはヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の裁定に委ねられますが、スウェーデンの勝利になることは間違いなく、UEFA裁定後にスウェーデンが首位奪還すると思われます。
 
グループBでは、フランス(ホーム)がウクライナ2-0で破り、一歩先行しました。イタリア(アウェー)はフェロー諸島2-1と辛勝で、今後に不安を残しました。言い方を変えれば、スコットランドにも十分予選突破の可能性があるということです。
 
日本、地元フランスに大敗 トゥーロン国際大会
 
同じ6月2日に行われたトゥーロン国際大会(U-20)のグループA予選で日本代表は優勝候補のフランス代表と対戦し1-5と大敗しました。アルビレックス新潟河原は後半30分に途中出場しましたが、得点に絡むことはありませんでした。田中亜土夢はこの日ベンチで、予選最終戦での出場が予想されます。
グループAのもう一試合、ドイツコートジボワールスコアレスドローに終わりましたので、日本は勝ち点3で、現地時間の4日、最終戦のコートジボワール戦に臨みます。
現在、フランスが勝ち点6、日本が勝ち点3、ドイツコートジボワールは勝ち点1です。フランスの予選通過は決定ですが、日本はコートジボワールに負けるとその時点で決勝ではなく、5~8位決定戦に回ることになります。是が非でも引き分け以上に持ち込み、できれば勝利してほしいものです。
ここに来て、第一戦でのドイツ戦勝利が大きな意味を持ってきていることも事実です。(勝ち点が同じ場合、当該チーム戦での勝者が上位になる。)
好調の森島を軸に河原、亜土夢、柏木、梅崎等がどのような働きをするかにかかっています。 
                                         [Click]サッカーブログ
                           ⇒Click]ヨーロッパ情報ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。