J1第16節 ホーム 横浜FC戦

最下位横浜FCに遠慮? 得点は前半の3点止まり
 
6月20日、東北電力ビッグスワンスタジアムで、平日にもかかわらず36,000人もの観客を集め、アルビレックス新潟×横浜FCが行われました。
試合は、立ち上がり横浜がボールを支配し、攻める場面が多く見られましたが、新潟は徐々にペースをつかみ、前半14分、ゴール付近で矢野貴章が潰されたところへ内田が走り込み強烈なシュートこれが決まって、新潟が先取しました
攻める新潟はエジミウソンのサポソンが鳴り響く中、貴章からのパスを受けたエジが落ち着いて蹴りこみ2点目エジの100試合出場メモリアルゴールです。
さらに新潟はシュート攻撃を続け、前半の終了時間が近づいた41分、ペナルティーエリア内で貴章が倒され、PKを得ます。
キッカーはマルシオ・・・ではなく、本来のエジ
きっちり決めて3点目エジは今季広島ウェズレイに次ぐ2桁の10得点目です。
前半は3-0で折り返し、大量得点の期待がかかります。
 
ところが後半はシュートを次々に仕掛けるものの、貴章がGKと1対1の場面でもゴールを阻まれるなど得点には結びつかず、36分、ついに相手にPKを与えてしまい、これを奥が決めて1点を返されます。(北野ってPK止めたことあったかなぁ?)
その後も新潟は攻めはしますが攻撃がチグハグでタイミングも合いません。
4月のアウェー、FC東京戦の再現といったところです。(怒)
 
結局、後半は1点も奪えず試合終了。
得点だけ見れば快勝ですが、やや不満の残る内容でした。
 
試合終了後、沸き上がる山口(素弘)コール。モトさんも手を振って応えていました。
 
さて、次節はアウェーで千葉戦です。貴章-巻対決は恰好の取材対象です。
貴章には是非ゴールを決めてもらいましょう。
DF陣も巻だけは止めてくれ~。
————————————————————————————————
*速報 6月21日 18:03        U-17日本代表惨敗 3位決定戦へ
 
アルビレックス新潟ユース長谷部選手も参加し、韓国で行われているU-17 8か国国際トーナメント、グループBの最終戦、U-17日本代表×U-17ナイジェリア代表は6月21日16時(日本時間)から行われ、日本は前半27分、34分、後半9分、10分、36分とゴールを決められ0-5で敗れました。この結果、日本はグループBの2位となり、既に決まっているグループAの2位、韓国と23日に3位決定戦が行われるとになりました。決勝はブラジル×ナイジェリアです。
試合の詳細は22日にでも日本サッカー協会から明らかにされると思います。
 サッカーブログはこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。