J1第20節 ホーム 名古屋グランパスエイト戦

 
名古屋を完封 貴章、地震被災者に捧げる代表アピール弾 
 
J1第20節、アルビレックス新潟×名古屋グランパスエイトは8月15日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。
中越沖地震後初のホームでの試合に観客も42,000人を越え、アルビへの期待をうかがわせます。
 
試合は序盤から動きました。
前半11分、松尾のクロスを受けた本間勲がヘディング。これが決まってゴ~~~~ル! 新潟先制!
の、なんと、ヘディングでの得点です。
 
34分、今度は千代反田からのロングフィードを受けた矢野貴章が名古屋DF陣をかわして中央右寄り、角度のないところからシュート。
日本の守護神楢崎が必死に伸ばした手も及ばず左サイドネットを揺らします。ゴ~~~~ル! 新潟2-0名古屋
貴章はユニフォーム右袖に縫いつけられた がんばろう 新潟 のワッペンを左手で誇示します。
オシム監督、見てくれましたか?
 
ボランチが得点、貴章もゴール。
 
ここで黙っているわけにいかないのがもう一人のエースストライカーエジミウソンです。
 
新潟リードで迎えた後半3分、坂本隊長のパスに反応したエジが振りぬいたボールは弾丸ライナーで真ん中に飛び込みゴ~~~~ル!
新潟は3-0と突き放します。
 
この得点で名古屋は完全に戦意喪失。終了時間待ち状態になってしまいました。
 
この後、名古屋はヨンセンが故障で3人目の交代を余儀なくされ、また、金も故障退場で、交代枠を使い切った名古屋は10人で戦わなければならなくなり、もはや余力はありません。
 
こうなると、新潟には完封そして大量得点への期待がかかります。
 
そして、待ってました、俺たちのシルビーニョの「試験」投入です。
調子がイマイチとはいえ、これが当たりました。
 
後半34分、そのシルビーニョからのパスを受けたエジがやや遠い位置から強烈なミドルシュート。これが決まってゴ~~~~ル! 新潟4-0名古屋
 
その後も名古屋に見せ場を作らせなかった新潟が4-0と快勝し、前半戦(0-2で敗戦)のリベンジを果たしました。
 
快勝はしましたが、イマイチ調子の上がらない名古屋にホームでの勝利です。
次節、好調の大久保がいる神戸にアウェーで勝って、本物の強さを見せてほしいものです。
 
上位では浦和がガンバ大阪に勝ちました。
まだまだ優勝争いは混沌です。
連戦ですが、サポーターも力を振り絞って、首位戦線に食らいついていきましょう。
 
Jリーグですか?こちらをクリックしましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。