もう帰ってこないの?

チャールズを待ち望むジャコバイト
 
当ブログのアクセス記録を見ると、アルビレックス選手名スコットランドアイルランドだけでなく、ジャガイモ大飢饉ジャコバイト、時にはフローラ・マクドナルドトゥラリーのバラまでもを検索して来られている方がおられるのに驚かされ、また嬉しくなります。
私は歴史の専門家でもありませんし、ただただスコットランド/アイルランドの歌が好きでそこから歴史を学ばざるを得なくなったわけですので、多くの知識を持ち合わせているわけではありません。
ただ、ややマニアックに、スコットランドやアイルランドの歌のコレクションは結構あり、時にはスコットランドアイルランドの人に教えてあげることもありますので、その中でも比較的よく知られた曲を少しずつ紹介していきたいと思います。
 
9月17日のブログで少し触れましたように、カローデンの戦いに敗れたチャールズ・エドワード・ステュアートフローラ・マクドナルドの協力の下に、スカイ島経由でフランスに逃亡しました。
美しいチャールズ王子はスコットランド、特にイングランドからの独立を求めるジャコバイトの人たちからは慕われていて、チャールズが去った後も彼の復帰を願う人が沢山いました。
そんな思いが歌われているのが Will Ye No Come Back Again ? で、19世紀になってカロリーナ・オリファントによって書かれました。
スコットランド方言やスコットランド語(Scots)がふんだんに使われていてわかりにくいかもしれませんので、対応する標準英語を併記しました。
 
                  Will Ye No Come Back Again?
 
     原詩                      標準英語

Bonnie Chairlie’s noo awa’,                     Pretty Charlie’s now away,
Safely ower the friendly main;                 Safely over the frinedly main,
Mony a heart will break in twa’,               Many a heart will break in two,
Should he ne’er come back again.          Should he never come back again.

                                              Refrain-

Will ye no come back again?                Will you not come back again ?
Will ye no come back again?                Will you not come back again ?
Better lo’ed ye canna be,                       Better loved you cannot be,
Will ye no come back again?               Will you not come back again ?

Ye trusted in your Hielan’ men,               You trusted in your Highland men,
They trusted you dear Chairlie.               They trusted you dear Charlie.
They kent your hidin’ in the glen,             They knew your hiding in the valley
Death or exile bravin’.                             Death or exile braving.
                                             -Refrain-   

We watched thee in the gloamin’ hour,    We watched you in the twilight hour,
We watched thee in the mornin’ grey.     We watched you in the morning grey.
Tho’ thirty thousand pounds they gie,      Though thirty thousand pounds they give,
O there is nane that wad betray.             O there is none that would betray.
                                            -Refrain-

Sweet the laverock’s note and lang,      Sweet the skylark’s note and long,
Liltin’ wildly up the glen.                        Lilting wildly up the valley.
But aye tae me he sings ae sang,         But always to me he sings one song,
Will ye no come back again?                Will you not come back again ?
                                            -Refrain- 

Will Ye No Come Back Again?を歌うコリーズ(The Corries)

 

Bonnie Charlie                     ヨーロッパに興味のある方はこちらへ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。