J1第30節 ホーム ジュビロ磐田戦

上位争い足踏み
 
10月27日、東北電力ビッグスワンスタジアムでアルビレックス新潟×ジュビロ磐田が行われました。
この日はアルビレックス新潟のスポンサーであるのサンクスデーとあって、入場者の先着25,000名にタオマフがプレゼントされました。
  ←これです。
そして、ゴール裏トラックでの挨拶に立ったのは・・・「全身全霊をかけサンクスデーを成功させる」と宣言したSIDE Orange親子サポさんでした。
 
この日の新潟の天気は雨とあって、観客の入りはやや少なく、34,446人でした。
磐田サポーターは少数とはいえ、声はよく出ていたと思います。
また、磐田の地元浜松からは、磐田サポではなく、「矢野貴章君を応援する会」のメンバー約30人がバスで駆けつけ、新潟の同会メンバーと共にお揃いのTシャツを着てNスタンド、バックに近い場所に陣取り貴章のゲーフラを掲げて応援していました。
 
試合はまず前半7分、マルシオ・リシャルデスのFKを相手GKが弾き、これを千代反田が右足でシュート。しかし、ゴール右に外してしまいます。
前半20分、新潟DFがもたついているスキを前田に狙われループシュート。これがきまって磐田に先制されてしまいます。新潟0-1磐田
しかし、選手もサポーターもすぐに反撃します。
37分、スローインのボールを矢野貴章が折り返すと、それを受けたエジミウソンが狙いすましてシュート。
これが決まってゴ~~~ル! 新潟は同点に追いつきます。新潟1-1磐田
前半は同点で折り返します。
 
後半、磐田選手の足が徐々に止まり、新潟が攻勢に出ます。
後半34分、本間勲のシュートが阻まれたところをマルシオがヘディング。これは枠を外れます。
エジは終了間際に自分で持ち込みシュートを放とうとしますが、相手DFに阻まれます。
結局、磐田の拙攻と新潟の決定力不足で1-1のドローに終わりました。
 
MSNサンクスデーで、ジンクス通り、アルビは確かに負けはしませんでした。
しかし、本当に強いチームになるには、今日のようなチャンスの場面をきちんと決めきることが必要だと思いました。
 
この日は、4位の清水がガンバに勝ち、鹿島が大分を一蹴して優勝争いに食いついているのに対し、5位の柏が神戸に敗れ、8位の横浜FMが甲府と引き分けるなど、中位の上位がいまひとつパットしない内容でした。28日のFC東京×川崎の結果によっては順位が入れ替わります。
 
次節もホームです。
ここはきっちりと勝って、より上位を狙いましょう。
 
サッカーのブログ検索は ここ が便利です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。