ユーロ2008予選

 
スコットランド、予選敗退 ユーロ2008
 
11月17日、スコットランド代表はグラスゴーのハムデン・パークにイタリア代表を迎え、サッカー ユーロ2008グループBの予選が行われました。
スコットランドはこの試合に勝利すれば本大会進出が決まりますが、イタリアが勝つとフランス、イタリアの進出が決定されます。
 
試合は開始わずか2分、イタリアはディ・ナターレのクロスをトニーが左サイドからシュート。これがネットを揺らし、まずイタリアが先制します。スコットランド0-1イタリア
その後もイタリアはスコットランドゴールを脅かしますが、スコットランドはなんとか凌ぎ、前半を終えます。
 
後半20分、スコットランドはマクファデンがフリーキックのチャンスを得るとこれを受けたマカロッホがシュート。
イタリアのGKブフォンがが受けますがファンブル。ここに詰めていたファーガソンが押し込みゴ~~~ル! スコットランド1-1イタリア
これで調子を取り戻したスコットランドは攻撃をしかけますが、シュートがなかなか枠を捉えられません。
 
同点のまま、後半ロスタイムに突入した直後、イタリアはフリーキックを得、ピルロが蹴ったボールをパヌッチが頭で合わせると、ループを描きスコットランドのGKゴードンを越え、ゴールに吸い込まれます。スコットランド1-2イタリア
そして試合はそのまま終了。
スコットランドは10年ぶりの国際大会出場の機会を生かすことが出来ませんでした。
 
振り返れば1か月前、グルジアに完封負けしたことがここにきて大きく響いてきます。
 
しかし、イタリア、フランスと同じグループのスコットランドがここまで健闘することは、予選開始前には誰も予想しなかったのではないでしょうか。
力をつけたスコットランドにはこれからワールドカップ2010南アフリカ大会に向けて予選突破を目指してもらいましょう。
 
北アイルランドは厳しい情勢に
 
グループF北アイルランドは17日、ホームでデンマークと対戦し、2-1で勝利し、勝ち点を20にしました。
同グループ2位のスペインが1位のスウェーデンを破り勝ち点を25にして予選突破を決めました。
最終戦で北アイルランドがスペインに勝ち、スウェーデンがラトビアに敗れれば北アイルランドとスウェーデンが勝ち点23で並びますが、余程のことがない限り得失点差、得点ともに北アイルランドはスウェーデンにはるかに及びません。
北アイルランドの予選敗退は事実上決定されたと言ってもよいでしょう。
北アイルランドとしては9月から10月にかけてラトビア、アイスランドに相次いで敗れたのが悔やまれます。
 

サッカー情報はこちらをクリック

ヨーロッパなら⇒ここ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。