アイルランドはこんな国

セントパトリックデーに寄せて
今日はセントパトリックデーです。
3月に入り、日本でもこの日にちなんだパレードがあちこちで行われています。
アイルランドの公共放送RTÉの特集はこちらをご覧ください。
 
今年のこの日がIRA(アイルランド共和軍)の前身であるIRB(Irish Republican Brotherhood~アイルランド共和主義者同盟)の設立150年目に当たることなど、もう忘れられているかも知れません。
 
さて、セントパトリックデーでよく歌われるアイルランドの曲があります。
 
      A Little Bit Of Heaven
ある日、天界のかけらがポチョンと大西洋に落ちてきました。
それを天使たちが見つけました。
とても美しく静かなその場所に、天使たちは星くずをふり注ぎ、シャムロックにしました。
さらに、銀をばらまいて湖にし、大きくしていきました。
そして、全部やり終えた時、その場所をアイルランドと呼んだのです。
 
何とも少女趣味的な歌詞ですが、これを大のおとながみんなで歌うのです。
 
            A Little Bit Of Heaven

Sure, a little bit o’ Heaven fell from out of the sky one day,       

And it nestled on the ocean in a spot so far away;         

And when the angels found it, sure it looked so sweet and fair.    

They said suppose we leave it, for it looks so peaceful there!      

 

So they sprinkled it with star dust just to make the shamrocks grow; 

‘Tis the only place you’ll find them, no matter where you go;     

Then they dotted it with silver to make its lakes so grand,      

And when they had it finished, sure they called it IRELAND!      

 

そして、アーティストによっては、歌う時にちょっとしたセリフを入れることがあります。

例えばこのようなものです。:

 

Have you ever heard the story of how Ireland got its name?   

I’ll tell you so you’ll understand from whence old Ireland came; 

No wonder that we’re proud of that dear land across the sea, 

For here’s the way me dear old mother told the tale to me:     

 

アイルランドという名前がどうやってついたか知ってる?

どこから来てるかわかるように説明してあげよう。

海の向こうにあるあの国にプライド一杯なんだよ。

だって、私の母さんが教えてくれたんだからね:

 

昨日までBGMで流していたのは上の2節です。

You Tubeからは往年のテナー歌手、ジョン・マコーマック(John McCormack)のSPをお聞きください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。