スキャンダルの果てに

---------[ミクシー経由で来られた方へ]---------
私自身はミクシーに参加していませんので、恐らくどなたかのサイトからリンクされているのだと思いますが、 当スペースへおいでいただきありがとうございます。
このスペースではJリーグ、アルビレックス新潟アイルランド/スコットランドの歴史・文化を紹介しています。
また、アイルランドスコットランドウェールズ北アイルランドのサッカーナショナルチームをも応援しています。
私自身は理系の専門技能職で、歴史には疎いですし、アイルランドへは行ったことがありません。
しかし、重要な出来事に関してはできるだけ正確な情報をできるだけ早くお届けしたいと思っています。
お気づきの点がありましたら、メッセージなりコメントなりで是非ご教示ください。
また、何かの機会に当ブログをご友人等にご紹介いただければ幸いです。
この話題に限らず、他の記事もお楽しみいただければとも思います。
 
 
アハーン首相退陣
 
アイルランドの公共放送 RTÉ によれば、アイルランドのバーティー・アハーン首相*は、5月6日にメアリー・マカリース大統領に辞表を提出する意向であることを発表しました。また、同時にアイルランド共和党(Fianna Fáil~フィァナ フォーィル)の党首も辞任します。
首相を巡って、これまで政治資金や個人財産の問題でのスキャンダルが続いていましたので、その責任をとってのものと思われます。
ただし、アハーン首相自身は「何も間違ったことをしていないが、国民の希望に沿ったことである」としています。
アハーン首相は1997年にアイルランド首相になると、1998年4月10日に英国のブレア首相とともに聖金曜日合意(ベルファスト合意、Good Friday Agreement)を成立させ、北アイルランド和平の進展を促進させました。この業績はシン・フェインのゲリー・アダムス党首にも評価されています。
アイルランドの最大野党である統一党(Fine Gael~フィナ ゲール)は「辞任は当然である」としていますが、マカリース大統領やブレア前英国首相などからは惜しむ声も聞かれます。
同じ政党のメアリー・マカリース大統領とともに築き上げつつあった北アイルランド和平への道が今後どうなるのか、不安とともに関心が持たれます。
RTÉ、ホームページでアハーン首相の特集を組んでいますのでご覧ください。
また、フィァナ・フォーィル党首の後継としてはブライアン・カウエン(Brian Cowen)氏が有力と見られています。
 
*首相はアイルランドではTaoiseach(ティーショーホ)と呼ばれます。
英語やアイルランド語の発音を日本語表記するのは大変難しく、と言うよりほとんど不可能ですので、おおよその発音を記します。(chはエスペラントのĥドイツ語のch、スペイン語の j 、ロシア語のхと同じ音ですが、よく聴かないと聞こえず、ティーショーのようになってしまいます。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。