リバーダンス2008

 5月17日から全国公演
 
24人のダンサーたちが情熱的に踊るリバーダンスは1995年にダブリンでの初演に成功し、その後世界各地で絶賛を博しました。
日本へは1999年に初上陸しました。今回はそれ以来5度目の来日となります。
1か月後、5月17日仙台を皮切りに、東京名古屋新潟富山福岡倉敷と回り、最終公演は大阪で行われます。
新潟公演は6月24日(水)19時からと25日(木)13時からで、前売り券は既に発売されています。
私は1996年にニューヨークへ出張した際、丁度その公演と出くわし、チャンスはあったのですが、別用で断念し、1999年の初来日もパス。翌年2000年の来日時にようやく観ることができました。
 
ショービジネスとして大成功したリバーダンスですが、アイルランド国内では色々批判もあります。
何よりも、これが典型的なアイルランド音楽であるかのように取られることへの恐れです。
実際、私もこのダンスがケルトの音楽であるとは思いませんし、またアイルランド音楽を代表するものでもないと思います。
しかし、それを理解した上で、アイルランドの伝統ダンスに新しい血を注入したこのショーには、またケルト音楽とは違った意味で感動おぼえます。
それに、音楽も言葉も時代とともに変化します。
このショーを見てからアイルランドに関心を持ったという人も少なくないようです。
 
 
  リバーダンス2000
  日本公演時のパンフ                           ヨーロッパ文化は→ここで探せるかも

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。