ふるさとの歌-クライドサイド

ふるさとの歌[08-04] われらの誇りクライド川
 
スコットランドの首都はエディンバラですが、西部の中心都市はグラスゴーで、人口もエディンバラより多く、最近までは造船の街として繁栄しました。
近年になり、日本と同様、造船業の不振から一時経済的に低迷し、まだ完全に立ち直っているわけではありませんが、現在では若者の街、旅行者が訪れる街として活気をとりもどしてきています。
グラスゴーを流れる川にクライド川があり、南部の高地に源を発し、北西方向に流れています。全長は約170kmです。
この川は、水源近くのレッドヒルズから河口のグリーンノックまで、クライドサイドと呼ばれる地域の人たちにとっては誇りであり、いくつかの歌も生み出されています。
その中でも特に有名なのがここに紹介するThe Song Of The Clyde(クライドの歌)で、多くのアーティストによって歌い継がれています。
この歌のパロディーはサッカー、スコットランドファーストディヴィジョンに属し、カンバーノールドをホームタウンとするクライドF.C.のサポートソングとしても使われています。
第2節で河口からアラン島に散らばる街を次々に歌い込み、その地方の人々のプライドをかき立てています。
ここではオリジナルの歌詞に加え、オプションでパターと呼ばれる詩を付け加えます。
舌を噛むような(tongue-twisting)歌詞ですが、写真で示した楽譜を参考に歌ってみてください。
      
  The Song Of The Clyde (score)
  (James S. Kerr, Glasgow, 1957)
 
 
  It flows from Leadhills—borders the orchard of Lanark so fair

  from Glasgow to Greenock
  We’ve left Graigendoran behind—by Kilcreggan we find. At Kirn and Dunoon and Innellan we stay
  Then Scotlands Madeira that’s Rothesay they say
  by Fairlie and Largs we will go—over to Millport —journey to Arran
 ブルーの曲線がクライド川。街の位置が多少ずれているのは技術的な問題ですのでご容赦のほど。

 
   The Song Of  The Clyde
 
 1.クライド川はレッドヒルズからラナークを通りグラスゴーグリーンノックの工業地帯に流れます。

I sing of a river I’m happy beside,

The song that I sing is a song of the Clyde.

Of all Scottish rivers it’s dearest to me,

It flows from Leadhills all the way to the sea.

It borders the orchards of Lanark so fair;

Meanders through meadows with sheep grazing there:

But from Glasgow to Greenock, in towns on each side,

The hammers’ "Ding-dong" is the song of the Clyde.

 

       =Refrain=

Oh the river Clyde, the wonderful Clyde!

The name of it thrills me and fills me with pride,

And I’m satisfied, what e’er may betide,

The sweetest of songs is the song of the Clyde.

 

2.河口付近にある街はクレゲンドランキルクレッガンカーンダヌーンイネラン

 スコットランドのマデイラと呼ばれるロスセイ、それにフェアリーラークス、ミルポートアラン島

Imagine we’ve left Craigendoran behind,

And wind-happy yachts by Kilcreggan we find;

At Kirn and Dunoon and Innellan we stay;

Then Scotlands Madeira that’s Rothesay they say.

Or maybe by Fairlie and Largs we will go;

Or over to Millport that thrills people so;

Maybe journey to Arran it can’t be denied,

Those scenes all belong to the song of the Clyde.

 

         =Refrain= 

3.日が沈むと海鳥のさえずり、笛の音、そして静けさ 

When sun sets on dockland there’s beauty to see.

The cry of a sea-bird is music to me.

The blast of a horn loudly echoes, and then

A stillness descends on the water again.

‘Tis here that the sea-going liners are born:

But, unlike the salmon, they seldom return.

Can you wonder the Scots, o’er the ocean so wide,

Should constantly long for the song of the Clyde?

 

       =Refrain=

 

舌を噛まないよう注意しましょう。 

Optional Patter Verse

There’s Paw an’ Maw at Glasgow Broomielaw; they’re goin’ "doon the water" for "The Fair."

There’s Bob an’ Mary, on the Govan Ferry, wishin’ jet propulsion could be there.

There’s steamers cruisin’, and there’s "buddies" snoozin’, and there’s laddies fishin’ frae the pier;

An’ Paw’s perspirin’, very near expirin’, as he rows a boat frae there to here.

With eyes a-flashin’, it is voted "smashin", to be walkin’ daily on the prom:

And May and Evelyn are in seventh heaven as thy stroll along with Dick and Tom.

And Dumbarton Rock to ev’ry Jean and Jock, extends a welcome that is high and wide:

Seems to know that they are on their homeward way to hear the song of the Clyde.

 
パターを1番の歌詞に合わせると下のようになります。
There’s Paw an’ Maw at Glasgow Broomielaw; they’re goin’ "doon the water" for "The Fair."

     I           sing        of           a                ri       –     ver           I’m          ha   –    ppy         be   –   side  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。