ライアン・ギグス

758試合出場に花を添えたダメ押しゴール
 
マンU優勝を支えたジャックナイフ
 
 おめでとう、ギグス選手!
 
既に報道されているように、今季のイングランドプレミアリーグは5月11日、マンチェスター・ユナイテッドウィガン2-0 で破り優勝しました。
この試合で2点目を決めたのはフィールドプレーヤー最年長、元ウェールズ代表のMF、ライアン・ギグス(Ryan Joseph Giggs)でした。
ギグスはまた、この試合で758試合出場となり、サー ボビー・チャールトンと並び、チームタイ記録を作りました。
BBCウェールズでは大きく報じられています。
ギグスは先祖をシェラ・レオーネに持つウェールズ国籍のプレーヤーです。
昨年のユーロ2008予選、チェコ戦を最後に代表を引退しましたし、今季のゴール数は3と往年の輝きはあせてきたものの、34歳のレフティーはロナウド等の若手をこれからも引っ張っていくことと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。