24日の国際親善試合

 
アイルランド、強豪セルビアと粘りの引き分け
 
キーオーが代表初ゴール
 
 アイルランド 1-1 セルビア

 
サッカー国際親善試合、アイルランド代表×セルビア代表は5月24日、ダブリンのクロークパークで行われました。
この試合、怪我から復帰したダミアン・ダフ(Damien Duff)が元気な姿を見せ、キャプテンのロビー・キーン(Robbie Keane)とともによい動きを披露します。
試合は前半 0-0 で折り返し、後半25分にセルビアがFWラゾビッチに代えてパンテリッチを投入すると、その5分後、パンテリッチのゴールでセルビアが先制します。
アイルランドは35分、MFハントに代わりキーオー(Andrew Keogh)が、終了近くの後半41分、キーンに代わりマーフィー(Daryl Murphy)がピッチに入ります。
このまま試合終了になると思われたロスタイム1分、マーフィーを経由し、キーオーが劇的な国際戦初ゴールを叩き込み、ついに 1-1 の同点に持ち込んでそのまま試合を終了しました。
トラパットーニ監督の初戦はアイルランドらしさを見せたドローで、今後につながる内容でした。
アイルランド代表はこの次29日にコロンビア代表と親善試合を行います。
どんな戦いを見せてくれるのか、楽しみに待ちましょう。
 
貴章、出場は15分 
 
キリンカップサッカー2008、日本代表×コートジボワール代表は5月24日、愛知県の豊田スタジアムで行われました。
日本代表にはアルビレックス新潟の矢野貴章も呼ばれていて、出場の機会を狙っています。
コートジボワールは中1日での試合であることと、主メンバーが数人来ていないこともあったせいか、いつものような動きが見られません。
前半20分に日本は長谷部からのクロスを受けた玉田が見事なゴールを決め、先制します。
後半に入ると日本が攻め込まれる場面もありましたがなんとか凌ぎ、1-0で日本が勝利しました。
貴章は後半29分、玉田に代わって投入され、中央をドリブル突破するなど見せ場は作りましたが得点することはできませんでした。
日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でパラグアイ代表と対戦します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。