08年ナビスコ予選A横浜FM戦

予選突破に可能性を残す
決定力欠くもDF頑張りスコアレスドロー
 
ナビスコカップ予選Dグループ、横浜Fマリノス×アルビレックス新潟は5月25日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われました。
日曜日のナビスコとあって、入場者は9,803人とやや少なめでしたが、心配された雨も降らず、アウェーゴール裏は多数のアルビサポで溢れていました。
新潟は、この日勝たないと予選突破は極めて難しくなります。
しかし、FWの矢野貴章は岡田ジャパンに合流していますし、アレッサンドロは出場停止です。
そこで鈴木監督が取った布陣は河原マルシオ・リシャルデスの2トップでした。
 
試合は序盤新潟が優勢で進められ、幾度となくセットプレーのチャンスを掴みますが生かせません。
そのうち、ロニー、坂田と横浜が攻撃をしかけてきました。
ここは最近安定してきた新潟のDF陣がしっかり防ぎました。
また、横浜選手のシュートも精度を欠いていました。
 
0-0で前半を折り返し、後半に入って12分、寺川に代わって田中亜土夢が投入されました。
縦横無尽に走り回る亜土夢ですが、ゴールを割ることができません。
後半26分、アルビは河原に代わって川又堅碁を入れ、活性化を図ります。
しかし、十分な機能を発揮できず、11分後に川又に代えて長谷部彩翔を入れてきました。
 
試合終了に近づくにつれ両チームとも攻め合いになりますが、決定打がなく、結局スコアレスドローに終わりました。
他試合は大分が大宮に勝ち、大宮の予選突破はほぼ消滅しました。
Dグループでは横浜FMが勝ち点8でトップ。次いで大分が勝ち点7新潟は勝ち点3大宮は勝ち点2
新潟は残り2試合を全勝すれば勝ち点9になり、他チームの結果によっては予選通過の希望も見えてきます。
現実には不可能に近いかもしれませんが、勝負の世界では何がおこるかわかりません。
最後まで諦めず戦いましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。