スコットランド、チェコに完敗

 
やはりチェコは強かった
 
 チェコ 3-1 スコットランド
 
サッカー国際親善試合でスコットランド代表は5月30日(日本時間31日0時30分)、プラハでチェコ代表に挑みました。
前半は0-0で折り返したものの、チェコは後半15分、元レインジャーズのシオンコ(Libor Sionko)が、39分には元ケルティック(セルティック)のカドレッツ(Michal Kadlec)が得点し、スコットランドを突き放します。
スコットランドはその1分後、代表初出場のクラークソン(David Clarkson)のゴールで1点差に攻め寄ります。
しかしチェコは終了間際にもシオンコが得点し、3-1で勝利しました。
スコットランドはこの日敗れはしましたが、初出場の若手、クラークソンの台頭は今後に大きな希望をもたらしました。
一方、チェコはシオンコがハーツ時代の監督、バーリー(George Burley)現スコットランド代表監督の眼前で「恩返し」ゴールをするなど、ユーロ2008決勝ラウンドに向けてホームで見せ場を作りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。