サッカー国際親善試合

 
ウェールズ、オランダに零敗 
 オランダ 2-0 ウェールズ
 
サッカー国際親善試合、オランダ代表×ウェールズ代表はオランダのロッテルダムで6月1日15時(日本時間22時)キックオフされました。この試合はBBCラジオ(ウェールズ)で実況中継され、インターネットを通して日本でもリアルタイムで経過を追うことができました。
ですから、このブログもラジオを聴きながら書いています。
オランダはユーロ2008決勝ラウンド前の調整として、相手が格下のチームとはいえ大切な試合です。
ウェールズとしてはアウェーの地で強国オランダの胸を借ります。
 
前半、オランダは ファン ニステルローイ(Ruud van Nistelrooy)を中心に攻撃を仕掛けますが、ウェールズはGKヘネシー(Wayne Hennessey)の好セーブもあり、なんとか凌ぎます。
しかし、35分、ロビンソン(Carl Robinson)のヘディングがこぼれたところにロッベン(Arjen Robben)が飛び込みゴール。オランダが 1-0 とリードします。
ウェールズもキャプテンのクーマス(Jason Koumas)を中心に攻めますが、オランダがゲームを支配し、ウェールズが1点ビハインドで折り返します。
 
後半開始早々、オランダのロッベンが攻め上がりシュートまで持っていこうとしますが、GKヘネシーが防ぎます。
しかし、オランダは次々に攻撃を仕掛け、後半9分、スニーデル(Wesley Sneijder)がFKを直接決め、オランダが 2-0 とウェールズを引き離します。
一方、ウェールズはなかなか攻撃のきっかけをつかめず、オランダのペースで試合は進んでいきます。
 
結局、ウェールズは欧州の雄オランダのゴールをこじ開けることができず、完封負けを喫しました。
オランダは今月始まるユーロ2008に向け、順調にトレーニングされていることを示しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。