W杯アジア3次予選

 
貴章、ゴールならず 日本もアジア4次予選進出へ
 
ワールドカップ2010アジア3次予選、タイ代表×日本代表は6月14日、バンコクで行われ、日本が3-0でタイを完封しました。
アルビレックス新潟矢野貴章は後半24分、松井に代わって出場し、試合終了間際に絶好の場面からシュートを放つなど見せ場を作りましたが、得点することはできませんでした。
オマーン戦での暴力行為で退場となった大久保の処遇がまだ決定されていませんので、どうなるかはわかりませんが、悪質な暴力行為とされていますので3次予選最終戦となるバーレーン戦の出場も停止だと思われます。
試合の流れによって、貴章はまた出場する可能性もありますので、是非とも結果を残してほしいものです。
 
この試合の後に行われたグループ2のもう1試合、バーレーン×オマーンは引き分けになり、その結果、グループ2では日本バーレーンのアジア4次予選進出が決まりました。
ここまでにオーストラリア(グループ1)、韓国北朝鮮(グループ3)、ウズベキスタンサウジアラビア(グループ4)、イラン(グループ5)が4次予選出場を決めていますが、グループ1とグループ5のもう1か国が未定で、6月22日の3次予選最終戦を待つことになりました。
 
アジア4次予選は10月15日から行われます。
FWの生き残り争いは熾烈ですが、貴章にはぜひとも南アフリカへ向けて存在を示してもらいましょう。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。