ふるさと納税

もっと関心を
 
今日のMSNニュース(産経)「ふるさと納税」断トツで大阪がトップの記事が掲載されました。
「ふるさと納税」は厳密な意味での納税ではなく、自治体への個人寄付ですが、私自身は以前よりそのような制度があればよいと思っていたので、近日中に手続きをする予定です。
そのための書類は既に送ってもらっています。
もっともウェブ上でも可能なのですが。
 
この制度は本来の「税」という建前からすれば、そもそも地方税は自分が住んでいるところへ支払うべきであるという考えもあり、反対論も根強いのですが、生まれた、あるいは育った、さらには一時期にでも生活した土地へなんらかの貢献をしたいという気持ちを持っている人も少なくなく、現在住んでいる土地にそれほど影響を及ぼさない範囲での行為なら一定度の理解が得られるのではないでしょうか。
 
多くの自治体では住民税(所得割)の1割程度であれば控除(返戻)率が高いことからその金額を「寄付効率最大」としてモデルにしているようです。
北海道苫小牧市のふるさと納税の案内では、モデルケースをかなり細かく紹介していますので、大いに参考になります。
まあ、声高に「ふるさと納税」と叫んだところで、個人の寄付は限られていますので知れていると言えば知れていますけど。
 
それにしても、今日までのところでトップの大阪府が115件、710万円ですから1件あたり約6万円で、1件あたりの金額としてはまあこんなものだとは思うのですが、件数はまだまだ寂しいと思います。
もっと関心を持たれてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。