飢饉、そして移民(3)-渡った先で

 
Lament Of The Irish Emigrant
涙なしには歌えない
 
19世紀半ばのアイルランドではジャガイモ大飢饉(The Great Potato Famine)がおき、多くの人々は飢えと貧困にあえいでいました。
そんな中で、新天地を求め、アメリカやイングランドへ移民するアイルランド人の数は激増しました。
しかし、移民したアイルランド人が必ずしも幸せだったとは限りません。
いや、多くの移民は時に奴隷と同じように扱われ、悲惨な人生を辿ったと言われています。
19世紀後半、ヘレン・ダファリン(Helen Dufferin)によって書かれたこの詩はそういったアイルランド移民を歌ったものです。
ただし、作者のヘレンは祖先をアイルランドに抱き、また未亡人になってからはアイルランドのダウン州で夏を過ごしたりしたものの、自身は伯爵夫人で、移民した人たちの生活を身をもって知っていたわけではありません。
詩では妻を亡くした夫が優しかった妻を偲び、苦しい生活を思い、口ずさみます。
ここに示した詩はThe Library Of World Poetry (W.C.ブライアント 編)から引用しました。
 
  

The Library of World Poetry (Random House, 1995)

私はこの本をボストンにある音楽サイトの掲示板で知り合ったアイルランド系米国人から教えてもらい入手しました。(この本にはシェークスピア、ウォルター・スコット、トマス・ムーア等々、アイルランド、スコットランド、イングランド、米国などの400名以上の詩人の詩数千編が収められていて、読み応えがあります。3,000円以下だと思いますので、興味のある人はどうぞ

 
このLament Of The Irish Emigrantの根幹をなし、また最も涙を誘うのは第7節でしょう。
今が苦しくても、これから行こうとする別の世界がいかに希望に満ちた所であろうとも、決して自分が過ごしたアイルランドを忘れない。
ヘレン自身のアイルランドに対する気持ちを表しているようでもあります。
彼女は通常伯爵夫人(未亡人)ダファリン(レディー・ダファリン~Lady Dufferin)と呼ばれます。
ヘレンのこの詩にバーカー(G.Barker)が曲を付けたバラッドは多くのアーティストによって歌われています。
YouTubeからとったダニー・ドイル(Danny Doyle)の歌も第7節を最後に持ってきています。
  
 
       Lament Of                *emigrant は移民として出て行った人( e:ex )、
   The Irish Emigrant*             immigrant は移民として入ってきた人( im:in )です。
                         (Lady Dufferin)
 
(1) 畑のはしごに腰を掛け、亡くなった妻メアリーに楽しかった昔の思い出を語りかける。

  I’m sittin’ on the stile, Mary,                           

     Where we sat side by side

  On a bright May mornin’ long ago,

     When first you were my bride;

  The corn was springin’ fresh and green,

     And the lark sang loud and high;

  And the red was on your lip, Mary,

     And the love-light in your eye.

 

(2) 今いる所は昔とほとんど変わっていない。 でもメアリーはもういない。声を聴くこともできない。 

  The place is little changed, Mary;    

     The day is bright as then;

  The lark’s loud song is in my ear,

     And the corn is green again;

  But I miss the soft clasp of your hand,

     And your breath warm on my cheek;

  And I still keep list’nin’ to the words

     You nevermore will speak.

 

(3)結婚式を挙げた小さな教会。そしてメアリーを葬った教会。                             

  ’Tis but a step down yonder lane,

     And the little church stands near,-

  The church where we were wed, Mary;

     I see the spire from here.

  But the graveyard lies between, Mary,

     And my step might break your rest, -

  For I’ve laid you, darling, down to sleep,

     With your baby on your breast.

 

(4)貧しさゆえにひとりぼっちの自分。メアリーが全てだった。

  I’m very lonely now, Mary,

     For the poor make no new friends;

  But, O, they love the better still

     The few our Father sends !

  And you were all I had, Mary,-

     My blessin’ and my pride;

  There’s nothing left to care for now,

     Since my poor Mary died.

 

(5)気丈だったメアリー。もう自分には力がない。君に祝福を。 

  Yours was the good, brave heart, Mary,

     That still kept hoping on,

  When the trust in God had left my soul,

     And my arm’s young strength was gone.

  There was comfort ever on your lip,

     And the kind look on your brow, -

  I bless you, Mary, for that same,

     Though you cannot hear me now.

 

(6)メアリー、いつも辛抱強く微笑んでくれてありがとう。 

  I thank you for the patient smile

     When your heart was fit to break, -

  When the hunger pain was gnawin’ there,

     And you hid it for my sake;

  I bless you for the pleasant word,

     When your heart was sad and sore, -

  O, I’m thankful that you’re gone, Mary,

     Where grief can’t reach you more!

 

(7)メアリー、さようなら。僕がいずれ行こうとしている国にいる君を決して忘れないよ。

    そこにはパンも仕事もあるそうだ。そしてそこではいつも太陽が輝いているんだ。

    でも、もしその土地がここより50倍も素晴らしかったとしても、昔のアイルランドを決して忘れないよ!

  I’m biddin’ you a long farewell,

     My Mary -kind and true !

  But I’ll not forget you, darling,

     In the land I’m goin’ to;

  They say there’s bread and work for all,

     And the sun shines always there,-

  But I’ll not forget old Ireland,

     Were it fifty times as fair !

 

(8)広い森で座り目を閉じる。そしてまたメアリーを思い出す。

  And often in those grand old woods

     I’ll sit, and shut my eyes,

  And my heart will travel back again,

     To the place where Mary lies.

  And I’ll think I see the little stile

     Where we sat side by side,

  And the springin’ corn, and the bright May morn,

     When first you were my bride.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。