ふるさとの歌-エリスケイ

ふるさとの歌[08-07] ヘブリーデス諸島の小島、エリスケイ
 
誰しも生まれ育った土地には愛着があり、特にその土地を離れて過ごしていると懐かしく思い出されます。
サッカー等のサポーターにも通じるところがあるようです。
故郷を思う気持ちは時として歌に託され、どの国でもどの地域でも歌われ続けています。
私は小さい頃からそういった歌に関心を抱き、歌詞や楽譜を集めているうちにそこそこのコレクションができました。
 
そんな中から月1~2回の予定で「ふるさとの歌」と題して、アイルランド、スコットランドを中心に、故郷を歌った曲を紹介しています。
どれもその土地の人にはよく知られている曲です。
できるだけYouTubeや他の音声メディアを通し、曲調も知っていただきたいと思っています。
今回は、スコットランド西方に連なるヘブリディーズ(Hebrides)諸島から外ヘブリディーズ(Outer Hebrides)エリスケイ(Eriskay)を選びました。
 
昨年のブログで何回かに分けてチャールズ王子やジャコバイトの話を書きました。
チャールズは1745年にフランスからスコットランドへ戻り、やがて次の年のカローデン(Culloden)の戦いにつながるのですが、その基点となったのがヘブリーデス諸島の小島、エリスケイです。
エリスケイはゲール語でEirisgeidhと綴り、Eric’s isleを意味します。
南ウィスト(South Uist)島のすぐ南にあり、その南がやや大きいバラ(Barra)島です。
当時は荒地で、とても人が住めるようなところではありませんでしたが、現在は約130名が生活しています。
 
  
 Philips’ Modern School Atlas に加筆 エリスケイの位置を示す。

 
今回紹介するエリスケイ恋歌(Eriskay Love Lilt)は1900年代当初にパース(Perth)生まれの音楽家、マージョリー・ケネディ-フレーザー(Marjorie Kenndey-Fraser)によって収録されました。原詩はゲール語ですが、彼女はそれを英語に訳し、100年前の1908年にこの歌を含んだ「ヘブリーデスの歌(Songs of the Hebrides)」(下図)が発行される時にはケネス・マクロード(Kenneth MacLeod)により3節が追加されています。追加された詩には英語訳はありません。
 
YouTubeからはバーバラ・ディクソン(Barbara Dickson)をお聴きください。英語で歌っています。
 
 バーバラ・ディクソンが歌うエリスケイ恋歌
 
      ゲール語                                    英語
                                                                                 =Refrain=
Bheir mi òro bhan o Bheir mi òro bhan i                 Vair me oro van o Vair me oro van ee
Bheir me òru o ho ‘S mi tha bronach’s tu’m dhith.            Vair me oru o ho Sad am I without thee.

 

‘S iomadh oidhche fliuch is fuar                           When I’m lonely dear white heart

Ghabh mi cuair is mi leam fhin,                                                Black the night or wild the sea,

Gus an d’rainig mi’n tàit                                                            By love’s light my foot finds

Fai’n robh gradh geal mo chridh.                                            The old pathway to thee.

 

                                                                                 =Refrain=

 

‘Na mo chlàrsaich cha robh ceòl                                            Thou’rt the music of my heart,

‘Na mo mheoirean cha robh àgh,                                           Harp of joy, oh cruit mo chridh*,

Rinn do phògsa mo leon,                                                      Moon of guidance by night,

 Fhuair mi Eolas an dàin.                                                           Strength and light thou’rt to me.

                                                                                  =Refrain=

 

          =Refrain=

 

Fada siar air aghaidh cuain

‘Se mo dhuansa Cruitmochridh,

Guth mo luaidh anns gach stuaidh

‘Ga mo nuallan gu tir.

 

          =Refrain=

 

Gur tu m’òige is mo rùn,

Mo reiùil thu anns an lidhch;

Tha mo dhrùidheachd ad shùil,

Tha mo chiurradh ad loin.

 

            =Refrain=

 

Gur tu m’òige is mo rùn,

Mo reiùil thu anns an lidhch;

Tha mo dhrùidheachd ad shùil,

Tha mo chiurradh ad loin.

 

              =Refrain=

*cruit mo chridh(クリーチ マクリー):harp of my heart

 

   100年前のスコア(英国の図書館でコピーさせていただきました。)

    Boosky & Hawkes Music Publishers Ltd., London, 1908

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。