ふるさとの歌-グラスゴー

ふるさとの歌[08-08] スコットランド西部の都、グラスゴー

 

スコットランドの首都はエディンバラですが、スコットランド西部では造船の街として繁栄したグラスゴーが中心都市です。

以前にこのふるさとの歌で紹介したクライド川が流れる古都は近年造船業の不調とともに衰退します。

しかし、今は若者の街として、ファッションに、ポップカルチャーに華やかさを取り戻しています。

戦前のグラスゴーを歌った曲としてI Belong To Glasgowがあります。

この曲はミュージックホールミュージックとして、20世紀当初に活躍したエンターテイナーのウィル・ファイフ(Will Fyffe)(1885-1947)によって書かれました。

これはあっと言う間にヒットし、現在まで歌い継がれています。

スコットランド方言を巧みに入れ込んだ歌詞はわかりにくい側面もありますので、一般的な英語を併記しました。

YouTubeではファイフ自身の歌をお聴きください。

 

 

 

 

 

   I Belong To Glasgow                      I Belong to Glasgow

 

I’ve bee wi’ a couple o’ ma cronies,                               I’ve been with a couple of my friends

One or two pals o’ my ain;                                              One or two pals of my own

We went in a hotel, and we did very well,                    I went into a hotel, and we did very well

And then we came out once again;                               And then we came out once again;

Then we went into anither,                                               Then we went into another,

And that is the reason I’m fu’;                                          And that is the reason I’m full;

We had six deoch-an-doruses*, then sang a chorus     We had six final drinks, then sang a chorus

Just linten, I’ll sing it to you:                                              Just listen, I’ll sing it to you:

 

 

                    -Refrain-                                                             -Refrain-

I beong to Glasgow, Dear old Glasgow toon;             I belong to Glasgow, Dear old Glasgow town

But what’s the matter wi’ Glasgow,                           But what’s the matter with Glasgow,

For it’s goin’ roun’ and roun’ !                                   For it’s going round and round !

I’m only a common old working lad,                         I’m only a common old working man,

As anyone can see,                                                        As anyone can see,

But when I get a couple o’ drinks on a Saturday,      But when I get a couple of drinks on a Saturday,

Glasgow belongs to me !                                              Glasgow belongs to me !

 

There’s nothing in bein teetotal,                                          There’s nothing in be-in complete

And saving a shilling or two;                                               And saving a shilling or two;

If your money you spend: you’ve nothing to lend,       If your money you spend: you’ve nothing to lend,

Isn’t that all the better for you ?                                          Isn’t that all the better for you ?

There’s no harm in taking a drappie,                                There’s no harm in taking a little wine

It ends all your trouble and strife;                                       It ends all your trouble and strife;

It gives ye the feeling that when you land home,         It gives you the feeling that when you arrive at home,

Well, you don’t care a hang for yer wife !                      Well, you don’t care a hang for your wife !

 

                -Refrain-                                                                 -Refrain-

 

*deoch-an-doruses(就寝前等の)別れの酒。ここでは final drink としました。doch-an-dorrisdeoch-an-doris など同義です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。