W杯ヨーロッパ予選9月10日の試合

 
アイルランド、アウェーでドロー
モンテネグロ  0-0  アイルランド
 
ワールドカップ2010ヨーロッパ予選グループ8のアイルランドは9月10日、敵地でモンテネグロと対戦しました。
アイルランドはキーン(Keane)ドイル(Doyle)の2トップです。
アウェーの洗礼というべきか、ボコボコのピッチに加え、審判も怪しげなレフリングでアイルランド選手を翻弄させます。
前半終了間際にPA内でキーンに対する露骨な反則に対してもペナルティーをとってくれず、アイルランド選手は審判に猛烈に抗議しますが受け入れてもらえません。
試合を優勢に進めながら前半はスコアレスで終えました。
後半、アイルランドはキーンを中心にゴールに迫りますが、初出場モンテネグロに攻め込まれる場面もあり、なかなか得点を奪えません。
結局、試合は 0-0 のまま終わり、アイルランドは勝ち点1を積み上げるに留まりました。
 
グループ8 その他の試合結果
イタリア 2-0 グルジア 
 
スコットランドは勝ち点3
アイスランド 1 -2 スコットランド
 
スコットランドはアウェーの地でマクファデン(McFadden)の1トップでアイスランドに挑みました。
スコットランドは前半18分、ブロードフット(Baroadfoot)ゴールでリードします。 アイスランド 0-1 スコットランド
後半15分、スコットランドはPKのチャンスを得、マクファデンが蹴りますが、これをクリアされてしまいます。
しかし、そこに詰めていたロブソン(Robson)がシュートを放つと、これが決まってゴール! アイスランド 0-2 スコットランド
試合はスコットランド優位で進みますが、後半30分、スコットランドPA内でマクマナス(McManus)がハンドで退場し、アイスランドにPKが与えられます。
これをグジョンセン(Gudjhonsen)に決められスコットランドは1点を返されます。 アイスランド 1-2 スコットランド
しかし、ここからはスコットランドが逃げ切り、スコットランドはアウェーで貴重な勝ち点3を得ました。
 
グループ9 その他の試合結果
マケドニア 1-2 オランダ
 
ウェールズ、ロシアに惜敗
ロシア 2-1  ウェールズ
 
グループ4、ロシア×ウェールズは9月10日、モスクワで行われました。
ウェールズは先のアゼルバイジャン戦で途中出場し、決勝点をたたき出したヴォークス(Vokes)の1トップ、対するロシアもアルシャーヴィン(Аршавин)の1トップで臨みます。
試合開始からロシアが押し気味に推移し、前半22分、ウェールズGK、ヘネシー(Hennessey)のファールで得たPKをパヴリュチェンコ(Павлюченко)がきっちり決め、ロシアが先制します。 ロシア 1-0 ウェールズ
そしてそのまま前半を終えます。
後半、ウェールズも反撃し、22分、デイヴィス(Davies)からベール(Bale)へパス、そしてベールからフリーのレドリー(Ledley)にクロスを入れると、それを叩き込み、ウェールズが同点に追いつきます。 ロシア 1-1 ウェールズ
その後、試合は拮抗しますが、後半36分、ロシアのジリャノフ(Зырянов)がヘッドで狙ったシュートをGKヘネシーが好セーブします。しかし、その跳ね返りを途中出場のポグレブニャク(Погребняк)に叩き込まれてしまいます。 ロシア 2-1 ウェールズ
試合は3分のロスタイムを経てそのまま終了し、ウェールズはよく戦ったものの、敵地でロシアに敗れました。
 
グループ4 その他の試合結果
アゼルバイジャン 0-0 リヒテンシュタイン
フィンランド 3-3 ドイツ
 
北アイルランド、チェコと引き分け
北アイルランド   0-0 チェコ 
 
グループ3の北アイルランドはホームにこのグループ屈指の強豪、チェコを迎えました。
北アイルランドは2トップでヒーリー(Healy)フィーニー(Feeney)が先発します。
チェコは序盤から攻めますが、北アイルランドDFがよく防ぎます。
北アイルランドもヒーリーを中心にボールをキープしますが、ゴールに届きません。
後半も攻め合い、守り合いが続き、終了間際にはヒーリーもチャンスを作りますがゴールを割れず、0-0 の引き分けに終わりました。
しかし、北アイルランドにしてみれば、よく守り勝ち点1を確保したと言えるでしょう。
 
グループ3 その他の試合結果
サンマリノ 0-2 ポーランド

4件のコメント

  1. ヒース

    Kocmoc Kocmaさん:
    >なんか、フィンランド、怖いですね。
    そうですね。フィンランドが先行、ドイツがなんとか追い着くといった展開でしたからね。
    でも、1試合を終えただけですし、このグループはどうしたってロシア+ドイツでしょう。
    ヒディンクと聞いただけで「決まり」という感じですから、番狂わせがあるとすればドイツの脱落ですね。
    そうするとウェールズにもわずかの、ごくわずかの可能性があるかもしれません。

  2. Kocmoc Kocma

    >兄弟選手
    ロシアにはフル代表に双子のベレズツキー兄弟、U21にコムバロフ兄弟が、ベラルーシにはフレブ兄弟がいたりするので、それに連番だったので何となく兄弟かしら?と思いました。
     
    なんか、フィンランド、怖いですね。

  3. ヒース

    Kocmoc Kocmaさん:
    ウェールズは同点に追いついた時点で、全員がDFになったつもりでガチガチに守るべきだったかもしれません。
    ロシアと敵地でドローなら、それだけで「大殊勲」ですから。
    それにしても、ヒディンク監督は凄い!
     
    >13番と14番のエヴァンスという選手たちは兄弟なのでしょうか?
    どうなんでしょう?
    考えたことがありませんでした。
    まあ、日本でも巻とか佐藤とか兄弟がいる反面、他人同士の中村もいますから・・・
     
    このグループ、ドイツが意外でした。
    次(10月11日)のドイツ×ロシアはグループ3のポーランド×チェコと並ぶ大一番になりそうですね。

  4. Kocmoc Kocma

    >ウェールズ、ロシアに惜敗
     
    ドイツやチェコが引き分けたり、ポルトガルやスイスが負けたりする中では、ロシアはきっちり勝ち点3がとれてよかったと思わなければならないでしょうか。
    PK決めたパヴリュクや追加点を入れたポグレブニャク・・・それ以上にアキンフェーエフに感心しました。
    彼の移籍話は夏にはあまり聞かなかったけれど、そろそろ国外で修行してもいいと思うのですよね。
     
    13番と14番のエヴァンスという選手たちは兄弟なのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。