J1第26節 ホーム 神戸戦

神戸に競り勝つ
 
サッカーJ1、アルビレックス新潟×ヴィッセル神戸は秋分の日の9月23日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。
新潟はアレッサンドロが前試合でイェローカードが今季2回目の累積4枚になり、この試合と次の試合は出場停止です。
代わって、FWには田中亜土夢が入り、矢野貴章と2トップを組みます。
ボランチには待ち望まれた本間勲が戻ってきました。
 
試合前半はお互いめぼしいシュートもなく、淡々と推移していきます。
亜土夢も果敢にゴールを狙いますが、得点には結びつきません。
前半は 0-0 のまま終了します。
後半、新潟はマルシオ・リシャルデスを中心に攻めに転じます。
そして、後半9分、松尾のパスを胸で受けたマルシオがオーバーヘッドで蹴りこむと、これが決まってGOOOAL!! 新潟 1-0 神戸
 
マルシオ・リシャルデス マルシオ・リシャルデス
  マルシオ・リシャルデス オ・オ・オ・オ-
 
ところがその10分後、神戸の吉田にゴールを許してしまいます。新潟 1-1 神戸
ここからが凄いことになります。
まず、5分後、松下がスライディングで出したグラウンダーのパスを亜土夢が受け、右足でポーン蹴るとボールはループを描いてGOOOAL!! 新潟 2-1 神戸
 
レッツゴー 田中亜土夢 レッツゴー 田中亜土夢
  レッツゴー 田中亜土夢 ゴールへ羽ばたけ
 
しかし、またその9分後、今度は神戸の田中に決められてしまいます。新潟 2-2 神戸
ところが、ここで見せてくれたのが貴章
後半39分、松下からのクロスを受けるとそれをドンピシャのヘディング。
このボールがキーパーの横を縫ってゴールマウスに飛び込みます。GOOOAL!!
目の覚めるようなゴールで新潟が3たびリードします。新潟 3-2 神戸
 
俺たちとともに 戦おう
  矢野貴章 矢野貴章 オ・メ キメレ キショー
 
この後、しっかりと守りきった新潟は連敗することなく、勝利で中位決戦を制しました。
次節はアウェーで、今日FC東京に5-1と大敗し、千葉が名古屋に勝ったため17位となり、J1残留に危険信号の点っている磐田と戦います。
磐田は必死で来ると思いますが、新潟は優しい心を見せることなく、連勝してほしいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。