ふるさとの歌-デリー

ふるさとの歌[08-10] アルスター第2の都市デリー
 
現在は英国(連合王国)を構成する北アイルランドの首都はベルファスト(Belfast)ですが、第二の都市はデリー(Derry)で、1613年にロンドンの名を冠し、ロンドンデリー(Londonderry)に変更されました。現在の公式名称はロンドンデリーです。
しかし、アイルランドの殆どの国民、北アイルランドのカトリック教徒、一部のプロテスタントの人たちは通常デリーと呼んでいます。
デリーのアイルランド語はDoire(ドーラ)で、「樫の森」を意味します。
  
                     Philips’ Modern School Atlas に加筆
 
デリーは、近年も政治の舞台で注目を集めました。
特に、英国軍により市民が無差別に虐殺された1972年の血の日曜日事件は未だに全貌が解明されていません。と言うより、意図的に伏せられているようでもあります。
 
デリーを代表する歌で最も有名ななのは恐らくデリー・エア(Derry Air、Danny Boy)であろうと思われますが、これについてはいずれまた書くことにして、ここでは1920年代にマクレディー(J.J.McCready)によって書かれたLovely Derry On The Banks Of The Foyleを紹介します。
故郷のフォイル(Foyle)川を思い、デリーに残した愛しい人を思い甘く歌われます。
 
YouTubeではブライディー・ギャラハー(Bridie Gallagher)の歌をお聴きください。
 
 
Lovely Derry On The Banks Of The Foyle
 

Sure I know a wee spot, ‘tis a place of great fame

And it lies to the North, I’ll tell you its name

‘Tis my own little birthplace, and it’s on Irish soil

And they call it lovely Derry on the banks of the Foyle

 

Sure I courted a wee girl, her age was nineteen

And she was the fairest colleen that ever you’ve seen

For her cheeks were like roses and her hair waved in coil

She came from lovely Derry on the banks of the Foyle

 

By those banks I have roamed, in the dear days gone by

With my dear girl I strolled, not a tear, not a sigh

Her fair charms without equal, from the Nore to the Moyle

Oh, sweet maid from lovely Derry on the banks of the Foyle

 

But now cruel misfortune drove me from my home

‘Twas my fate in deep sorrow to sail o’er the foam

And now from dark strangers, in grief I recoil

While I pine from dear old Derry on the banks of the Foyle

 

Oh, mind when I left her, for to cross o’er the sea

For to try and make a fortune, for Mary and me

How I cried when I left her, but my tears fell in toil

Far away from dear old Derry on the banks of the Foyle

 

I was young, I was foolish, like the rest of the boys

I had ne’ert many sorrows nor yet many joys

I worked hard for a living, all day I did toil

Far away from lovely Derry on the banks of the Foyle

 

I was fearing that another had a place in her heart

And that from me my darling forever would part

That no more she would brighten with her sweet sunny smile

My dear home in lovely Derry on the banks of the Foyle

 

For my true love was buxom, and a fine girl to see

That she won my affection, all my friends did agree

And I long for to wed her, on our own native soil

Though I’m far from dear old Derry on the banks of the Foyle

 

But a wee bird came flying from over the sea

And he brought me a letter from my true love to see

Saying "Come home, my darling, to your native soil

And I’ll wed you in lovely Derry on the banks of the Foyle"

 

And when I make a fortune, then to home I will go

To the land of my birthplace, to the sweet girl I know

I will build her a mansion, and no more need I toil

Far away from lovely Derry on the banks of the Foyle

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。