J1第31節 アウェー 鹿島戦

新潟、粘ってドロー
 
サッカーJ1第31節、鹿島アントラーズ×アルビレックス新潟は11月9日、県立カシマサッカースタジアムで行われました。
新潟はこのスタジアムでJ1昇格の2004年に引き分けた以外、ナビスコカップも含む他の4試合、全て敗戦を喫しています。
そんな苦手なスタジアムでしたが、この日の新潟は積極的に攻撃を仕掛け、いくつかの見せ場も作りました。
一方、優勝に向かって是非とも勝利のほしい鹿島も猛攻をみせ、危ない場面を何度も作られます。
新潟はキーパー北野を始め全員でしっかり守り、無得点に抑えました。
しかし、新潟の決定力不足はまだ解決されず、結局スコアレスドローに終わりました。
新潟はまだ残留争いから抜けきっていませんが、次につながるゲーム運びを見せました。
次節はホームに同じく残留争いを続ける大宮を迎えます。
是非とも勝ち点3をもぎ取り、まずは残留に一歩でも二歩でも近づきたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。