第88回天皇杯5回戦 FC東京戦

5回戦の壁を破れず
-FC東京に逆転負け-
 
第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦、アルビレックス新潟×FC東京は11月15日、鳥取市のとりぎんバードスタジアムで行われました。
新潟はアレッサンドロを温存し、FWには田中亜土夢を先発させ矢野貴章と2トップです。
また、河原をMFで起用し、来季加入が内定している酒井高徳をDFで入れるなど、若手を使ってきました。
 
試合は前半6分、流れの中からマルシオ・リシャルデスが押し込み、まず新潟が先制します。新潟 1-0 FC東京
さらに前半21分、CKのこぼれ球を千葉が合わせ追加点を奪います。新潟 2-0 FC東京
ところがその10分後、FC東京のエメルソンに決められ、1点差となります。新潟 2-1 FC東京
前半は1点リードして終え、最悪でもこのまま逃げ切り、うまくいけば追加点を奪うことも期待されました。
 
後半、鈴木監督はマルシオを下げ、木暮郁哉を投入します。
 
マルシオのいないアルビは後半すっかり変質してしまったかのようになります。
後半8分にFC東京の赤嶺にゴールを許すと、10分も経たない間にもう1点追加されてしまいます。新潟 2-3 FC東京
こうなると、いつものバタバタアルビが「復活」し、そのまま逃げ切られてしまい、準々決勝への進出はまたもやなりませんでした。
 
FC東京とは今月30日、リーグ戦で戦います。
今日の試合で得たものも多かったと思います。
是非とも勝利し、ホームで試合も含めたリベンジを果たしましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。