ふるさとの歌-ダンディー

ふるさとの歌[08-11] テイサイドの州都ダンディー
 
スコットランド 東部には2本の大きな川が流れています。
ひとつはフォース(Forth)川で、その川の海沿いの町がスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)です。
もうひとつはテイ(Tay)川で、その川を挟んでテイサイド(Tayside)州が広がり、州都は北海を望むダンディー(Dundee;ゲール語でDùn Dèagh)です。
ダンディーの歴史はピクト時代、石器時代に遡り、中世では時に戦乱の中におかれました。
1651年には独裁者クロムウェル(Oliver Cromwell)の命を受けたモンク(Monck)大将の侵略を受け、街は破壊されました。
その後、ダンディーはジャコバイトの拠点となり、議会派と対峙しました。
近年になると造船の街、製油の街として発展し、現在では科学、化学の街として繁栄しています。
 
 
 
ダンディーを主題にした歌は数多くありますが、ここに紹介するRoad (and Miles) to Dundeeは1900年代始めに書かれたようです。作者はよくわかっていません。
アイルランドにも似たような曲がありますが、Road and Miles to Dundeeを真似たのではないかと思われます。
 
少女にダンディーへの道とどのくらいかかるのかを聞かれた男性が、よくわからないからと言って一緒にダンディーへ連れて行きます。
その少女に好意を抱いた男性は彼女と記念の品を交換します。
しかし、その後二人は会うことがありませんでした。
なんともほほえましく、また悲しい物語です。
原詩にはスコットランド方言があちこちで使われていますので、対応する標準英語も書いておきます。
参考にしてください。
YouTubeからはコリーズ(The Corries)のものを貼りました。
 
                  Road and Miles to Dundee
 
    スコットランド方言入り                               標準英語

Cauld winter was howlin’ o’er moor and o’er mountain      Cold winter was howling over moor and over mountain

And wild was the surge of the dark rolling sea,                  And wild was the surge of the dark rolling sea

When just about daybreak I met a young lassie,               When just about daybreak I met a young girl,

Wha asked me the road and the miles to Dundee.             Who asked me the road and the miles to Dundee.

 

Said I, "My young lassie, I canna’ weel tell                         Said I, "My young girl, I cannot well tell

The road and the distance I canna’ weel gie.                      The road and the distance I cannot well give.

But if you’ll permit me tae gang a wee bittie,                       But if you’ll permit me to go a little bit,

I’ll show you the road and the miles to Dundee."              I’ll show you the road and the miles to Dundee."

 

At once she consented and gave me her arm,                    At once she consented and gave me her arm,

Ne’er word did I speir wha the lassie micht* be,                 Never word did I ask who the girl might be,

She appeared like an angel in feature and form,                 She appeared like an angel in feature and form, 

As she walked by my side on the road to Dundee.           As she walk by my side on the road to Dundee.

 

*micht:スコットランド方言、あるいはスコットランド語(Scots)では英語のghが往々にしてchになります。 (night→nicht、light→licht、bright→bricht)。その場合、chはエスペラントのĥ、ドイツ語のch、スペイン語 j、ロシア語のхと同じ発音をします。

 

At length wi’ the Howe o’  Strathmartine behind us          At length with the Howe of  Strathmartine behind us

The spires o’ the toon in full view we could see,               The spires of the town in full view we could see,

She said "Gentle Sir, I can never forget you                      She said "Gentle Sir, I can never forget you

For showing me far on the road to Dundee."                     For showing me far on the road to Dundee

 

This ring and this purse please accept as a token            This ring and this purse please accept as a token

And surely there’s somethin’ that ye can gi’e me,             And surely there’s something that you can give me,

That in years to come I’ll the laddie remember                   That in years to come I’ll the girl remember

Who showed me the road and the miles to Dundee?"      Who showed me the road and the miles to Dundee?"

 

I took the gowd pin from the scarf I was wearing              I took the gold pin from the scarf I was wearing

And said, "Tak’ ye this in remembrance o’ me                    And said, "Take you this in remembrance of me

Then bravely I kissed the sweet lips o’ that lassie,            Then bravely I kissed the sweet lips of that girl,

E’er I parted wi’ her on the road to Dundee.                        Ever I parted with her on the road to Dundee.

 

So, here’s tae that lassie.  I ne’er forget her                          So, here’s to that girl. I never forget her

And like a young laddie that’s list’nin’ to me,                      And like a young boy that’s listening to me,

O never be sweer to convoy a young lassie                       O never be sweet to convoy a young girl

Though it’s only tae show her the road to Dundee.          Though it’s only to show her the road to Dundee.

 

 

 往年のコリーズ(The Corries)が歌うRoad to Dundee 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。