FIFAが英国統一チーム容認?

 それはないでしょう!
 
国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター(Sepp Blatter)会長はかねてからオリンピックに英国の代表チームが出場することを主張していますが、その意向を受けた形でFIFAは英国統一チームの結成を促すようです。
このニュースは昨日のBBCで、現在FIFAクラブワールドカップが開催されている日本からの情報として報じられました。
イングランドのサッカー協会はそれを支持していますが、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの3協会は反対しています。
サポーターレベルではイングランドの人たちも反対しています。
それは、これまで各国(nation)がそれぞれに運営してきた協会の独立性が脅かされる懸念があるからです。
どうしても英国代表を言うなら、前に書いたジェミーソン(Cathy Jamieson)スコットランド労働党党首の「4協会で予選を行いそこで勝ち進んだチームが英国代表として出場する」という案でもよいのではないかと思います。
他の地域ではその地域の代表が本戦に出場することですし。
それにしても「it is thought he(S.Blatter) would be happy for all the players to be English if the other home nations refused to allow their players to take part」に及んでは、もう血迷っているとしか思えません。
第一、FIFAがオリンピックに対してあれこれ言う立場にあるのでしょうか?
オリンピック開催地の英国で地元のチームが出場しないのは寂しいことかもしれませんが、サッカーに関してはこれまでの歴史を尊重し、各協会の独立性を維持した方がよいのではないかと思います。
もちろん、各協会が「やはり英国は一つの協会としてまとまろう」と言うのなら話は別です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。