ふるさとの歌(II)-イタリア

ふるさとの歌(II)
(6)Bella Ciao
民衆の力で解放を勝ち取ったイタリア
 
近・現代世界史はまさに侵略戦争の歴史でした。とりわけ1900年代前半には世界大戦が2度もおこりました。
第一次世界大戦が終わって間もなく、1930年代後半からドイツのヒトラー政権はじわじわと対外侵略を進めてきましたが、1939年9月にポーランド侵攻を開始すると、それに英国、フランスが対抗し、ついに第二次世界大戦が勃発しました。戦況は当初ドイツに有利に動いたこともあり、イタリア(当時は王国)、日本はドイツ側に付き、日本、ドイツ、イタリアのいわゆる三国同盟を結び、「枢軸国」として参戦しました。
日本はこの後、東南アジアへの侵略に走ります。
 
これに対し英国・アメリカを中心とした連合国はじわじわと優勢に転じ、1943年、連合軍がシチリアへ上陸するとイタリアは存亡の危機に面しました。イタリア国内では、敗戦を恐れる穏健派がファシスト強硬派のムッソリーニを幽閉し、国の建て直しを図りました。これを見たドイツのヒトラーは北イタリアへ侵攻し、ムッソリーニを救出してイタリアに新国家イタリア社会共和国を作りました。しかし、これはヒトラーの傀儡政権にほかならず、国際的には独立国として認められませんでした。それを認めた数少ない国のひとつが日本でした。
ムッソリーニから引き継いだパドリオ政権は1943年9月に無条件降伏します。
 
一方、ファシスト政権に反対する一般民衆は特に北部の山岳を中心にパルチザン(仏:partisan;伊:partigiano)と呼ばれる非正規軍を作り、ナチスドイツによりでっちあげられたファシスト政権と対峙しました。
そして、何万人もの犠牲を出しながらも1945年4月25日、イタリア人自らの手で全ての地域をナチスドイツから開放したのです。
  
 主なパルチザン()  なっとく世界地図(朝日新聞社)に加筆
 
4月25日はイタリアの解放記念日(Anniversario della Liberazione d’Italia)です。
 
第二次世界大戦は1945年5月にドイツが、8月に日本が無条件降伏し、ようやく終結しました。
 
今回の「ふるさとの歌」は、イタリアパルチザンの歌として有名なBella Ciaoです。
日本では「さらば恋人よ」として、グループサウンドの走りとなったダーク・ダックスが歌い広がりました。
日本語は東大音感合唱研究会によるもので、ほぼ原詩に沿っていて、名訳と言えると思います。
 
この歌は、1930年代にイタリア北部の農村地帯で歌われた一種の田植え歌を元にしたものといわれています。田植え歌といっても、決して来るべき豊作の喜びを和気藹々と歌うものではなく、田植えという労働の辛さを歌った抵抗の曲で、Bella Ciaoのような一種の反戦歌の元になるには相応しかったとも言えます。
 

  Bella Ciao

 さらば恋人よ

Una mattina mi sono alzato,

ある朝目覚めて

O bella ciao, bella ciao,

さらばさらば

Bella ciao, ciao, ciao,

恋人よ

Una mattina mi sono alzato,

目覚めてわれは見ぬ

E ho trovato l’invasor.

攻め入る敵を

O partigiano portami via,

われをも連れゆけ

O bella ciao, bella ciao,

さらばさらば

Bella ciao, ciao, ciao,

恋人よ

O partigiano portami via,

連れゆけパルチザンよ

Che mi sdento di morir.

やがて死す身を

E so io muoio da partigiano,

いくさに果てなば

O bella ciao, bella ciao,

さらばさらば

Bella ciao, ciao, ciao,

恋人よ

E so io muoio da partigiano,

いくさに果てなば

Tu mi deve seppelir.

山に埋めてや

Mi seppellisci lassù in montagna

埋めてやかの山に

O bella ciao, bella ciao,

さらばさらば

Bella ciao, ciao, ciao,

恋人よ

Mi seppellisci lassù in montagna

埋めてやかの山に

Sotto l’obra di un bel fior.

花咲く下に

Tutte le genti che passeranno,

道行く人々

O bella ciao, bella ciao,

さらばさらば

Bella ciao, ciao, ciao,

恋人よ

Tutte le genti che passeranno,

道行く人々

Mi diranno "che bel fior!"

その花めでん

E questo è il fiore del partigiano

 

O bella ciao, bella ciao,

Bella ciao, ciao, ciao,

E questo è il fiore del partigiano

Morto per la liberta.

 
イタリア語の発音はそれ程難しくありません。多くの単語は母音で終わり、それも日本語とほぼ同じ a、e、i、o、u だけです。
注意すべきなのは c と z の発音で、ca、ci、cu、ce、co はそれぞれカ、チ、ク、チェ、コとなります。キはchi、ケはcheです。za、zi、zu、ze、zo はツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォです。英語に慣れていると少々とまどうかも知れません。
また、gの発音がやや特殊で、上の詩で言えば、gli は「リ」、gna は「ニャ」(フランス語の gna、スペイン語の ña、ポルトガル語の nha)、giaは「ジャ」です。
hを発音しないのはイタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語等のロマンス語諸語に共通しています。
 
下のYouTubeを参考に歌ってみてください。歌詞が多少変えられているのはいつものことです。
  
 
この歌はまた、サッカーイタリアリーグのセリエB、リヴォルノ・カルチョのサポートソングにもなっています。
  
  イタリアリーグ リヴォルノ・カルチョのサポーターが歌う Bella Ciao

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。