J1第8節 ホーム 千葉戦

新潟またもや勝利を逃がす
 
サッカーJ1第8節、アルビレックス新潟×ジェフユナイテッド千葉は4月29日、34,060名の入場者のもと、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。
アルビは前節で契約の関係から出場できなかったペドロ・ジュニオールが復帰し、大島秀夫矢野貴章とともに本来の3トップを組みます。
 
試合開始直後から両チームともゴールを狙い、開始1分には千葉の谷澤が新潟のGK北野との1対1からシュート。これを2度に渡り北野が防ぎます。
すると新潟は5分、矢野貴章が鋭いシュート。これは相手DFに阻止されます。
それに続いて千葉は深井、谷澤、アレックスが、新潟は松下が次々とシュートを仕掛けますが得点に至りません。
すると前半25分、右サイドで貴章のパスを受けたマルシオ・リシャルデスがグラウンダーのシュートを放つとこれが決まってGOOOAL!! 新潟先制! 新潟 1-0 千葉
前半、新潟が1点をリードし折り返します。
 
後半に入って間もなく千葉はボスナーがゴールを決め同点になります。
しかしわずか2分後、ジウトンのループパスを受けた大島が頭で合わせると、ボールはゴールマウスへ入っていきます。GOOOAL!! 新潟勝ち越し! 新潟 2-1 千葉
試合はそのまま残り5分になり、新潟は守りを固めます。そかしその途端、千葉の齋藤がゴールし、またもや同点に追い着かれます。新潟 2-2 千葉
 
ロスタイムに入ってからも新潟は千代反田ジウトンとDF陣がシュートしますが、得点にならず、結局引き分けに終わりました。
試合内容が悪かったわけではないのですが、守備固めをしたはずなのに終了間際に同点に追い着かれ、サポーターとしては引き分けというより負けた気分でした。
 
今日の他の試合では浦和が引き分け鹿島が勝ったため、1位鹿島、2位浦和、3位新潟となりました。
 
次節はアウェーで浦和戦です。引き締めていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。