W杯ヨーロッパ予選6月6日の結果

FIFAワールドカップ2010ヨーロッパ予選は6月6日、各地で試合が行われ、ウェールズはアウェーでアゼルバイジャンと、アイルランドもアウェーでブルガリアと対戦しました。
 
ウェールズきっちり勝ち点3
 
アゼルバイジャン   0-1 ウェールズ
 

ウェールズはアーンショウ(Robert Earnshaw)チャーチ(Simon Church)の2トップで臨みました。
前半41分、アーンショウからチャーチへつなぎ、ゴール前の競り合いからエドワーズ(David Edwards)が流し込みGOOOAL!!
ウェールズが先制しました。アゼルバイジャン 0-1 ウェールズ
1-0ウェールズがリードし、折り返します。
 
後半16分、アゼルバイジャンのナジロフの強烈なシュートを打たれますがGKのヘネシー(Wayne Hennessey)が弾きます。
後半25分、健闘のアーンショウに代えヴォークス(Sam Vokes)を投入です。
後半31分、またもやナディノフにシュートを打たれますが、これもヘネシーが弾きます。
その後、チャーチに代えてジョーンズ(Owain Tudor Jones)を入れたウェールズはそのまま逃げ切りました。
 
グループ4、この他の試合結果
フィンランド2-1リヒテンシュタイン

 
アイルランド、本戦出場へ可能性残す
 
ブルガリア  1-1 アイルランド
 
アイルランドは完全アウェーの中、フォラン(Caleb Folanキーン(Robbie Keane)の2トップで臨みました。 
試合開始からアイルランド陣内でのプレーが多く、アイルランドは再三のピンチを招きますが、よく踏ん張ります。そして前半24分、ハント(Stephen Hunt)からのボールを受けたフリーのダン(Richard Dunne)が頭で合わせると、ボールはきれいな弧を描いてネットを揺らします。GOOOAL!! ブルガリア 0-1 アイルランド
しかし5分後、1点を返されてしまいます。ブルガリア 1-1 アイルランド
なおも攻め続けるブルガリアは前半アディショナル・タイムに鋭いシュートを放ちますが、GKのギヴン(Shay Given)がファインセーブ。ことなきを得ます。
そして、そのまま前半を終えます。前半は明らかにブルガリアのペースで進められました。
 
後半、アイルランドは相手陣営へ攻め込みますが、ブルガリアはゴール前をガッチリ固め、スペースを作りません。ブルガリアはストヤノフ(サンフレッチェ広島)の守備も光ります。
後半31分、PAのすぐ外でウィラン(Glenn Whelan)がハンド。イェローカードが呈示され、ブルガリアがFKを得ます。しかし、これはアイルランドDF陣がしっかり守ります。
そしてそのまま4分のアディショナル・タイムに突入します。
最後の最後、ブルガリアはCKのチャンスを得ましたが、アイルランドはなんとかクリア。ここでタイムアップの笛が鳴りました。
今日のブルガリアの試合内容からはアイルランドはよく守ったと言えば言えますが、先取点をキープできなかったのは残念です。
しかし、アイルランドは勝ち点1を得、ヨーロッパ予選突破にやや前進しました。
 
グループ8、この他の試合結果
キプロス 2-2 モンテネグロ
 
北アイルランドスコットランドはこの日試合がありませんでしたが、各組の結果は以下の通りです。
 
グループ3(北アイルランドのグループ)
スロバキア 7-0 サン・マリノ
 
グループ9(スコットランドのグループ)
アイスランド 1-2 オランダ(オランダ、本戦出場権獲得。)
マケドニア 0-0 ノルウェー
 
 
日本、南ア行きを決める
 
同日行われたW杯アジア最終予選、ウズベキスタン×日本は日本が1-0で勝ち、本大会出場を決めました。アルビレックス新潟矢野貴章は後半途中から出場しました。また、アジア予選で日本と同じグループAのオーストラリアはカタールと引き分け、やはり南アフリカ行きを決めました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。