J1第14節 アウェー ガンバ大阪戦

新潟、万博初勝利!
=貴章、凱旋弾=
 
サッカーJ1ガンバ大阪×アルビレックス新潟は6月20日、万博記念競技場で行われました。
ワールドカップ、アジア最終予選のため約1か月間の中断期にアルビはナビスコ杯で連敗し、最下位で予選敗退しています。再起を図るためには大切な一戦です。
カンカン照りの中じっと満を持していた新潟サポーターが開門と同時に勇躍ゴール裏を埋めます。
オーストラリアから帰ったばかりの矢野貴章も元気一杯で、スタメンに名を連ねます。
 
ガンバは立ち上がりからルーカスを中心に強烈にシュートを放ち攻めてきます。新潟は防戦一方のシーンが何回か見られますが、何故かこの日のガンバのシュートは雑です。
守り一方の新潟でしたが、前半31分、右サイドから走りこんだ内田がファーサイドにクロスを上げると松下がヘディングで返し、それを更に大島が右サイドへヘディングで送ると、そこに入ってきた矢野貴章が右足でボレーシュート。ボールは大きなバウンドで相手キーパーのはるか彼方を通りすぎ、DFの頭を越してGOOOAL!! 新潟先制! G大阪 0-1 新潟
貴章の凱旋ゴールです。この日の貴章のシュートは後にも先にもこの1本だけでした。ウィリアム・ウォレスが優勢のイングランド軍を前にし叫んだ「One chance, just one chance!」を思い出させてくれました。
前半ロスタイムにはマルシオ・リシャルデスの惜しいシュートもありましたが、新潟は追加点を奪えないまま、それでも1点リードで折り返しました。
 
後半もアルビが攻め込まれる展開が続きます。しかし、新潟はGK北野を中心に集中を切らすことなく守ります。また、ガンバのシュートも正確性を欠き、危ない場面もなんとか切り抜けます。
すると後半37分、ペドロ・ジュニオールが左から中央に出したグラウンダーのパスをマルシオ・リシャルデスがしっかり捉え、狙い澄まして右足を蹴り抜くとボールはキーパーの頭を越えネットに突き刺さります。GOOOAL!! 弾丸ライナーです。 G大阪 0-2 新潟
この日の試合展開からは、新潟の勝利をほぼ決定づける得点でした。
その後、ガンバも攻めますが、ロスタイム3分も十分使った上で新潟が完封勝利を飾りました。
 
シュート数こそガンバ24新潟7と圧倒的にガンバが攻めまくったものの、新潟DF陣がよく守り、またガンバのシュートが精度を欠いたこともあり、終わってみればアルビレックス新潟の完勝でした。
新潟はこのスタジアムでガンバ大阪に初めて勝利しました。
 
次節は今日、千葉に敗れた名古屋をホームに迎えます。ここはしっかり2連勝といきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。