UVFが武器放棄

北アイルランド統一派軍事組織が武器放棄
IRAに遅れること4年
 
北アイルランドの王制派(統一派~英国との統一を指向)準軍事組織アルスター義勇軍(Ulster Volunteer Force~UVF)は6月27日、武器の使用を不可逆的に使用不能にした発表しました。
続報もあります。
UVFは統一派政党である進歩統一党(Progressive Unionist Party~PUP)の軍事部門で、これまで、特に英国からの分離独立派であるアイルランド共和軍(Irish Republican Army~IRA)との対立の中で多くの殺戮を繰り返してきました。
ちなみに、PUPは一昨年3月の北アイルランド議会選挙で1議席を獲得しています。
IRAは既に4年前に武器を放棄しています。今回のUVFの行動は昨秋に始められましたが、IRAと対峙する中で棚上げになっていました。
この武器放棄は愛英米3国の委員からなる独立国際委員会(Independent International Commission on Decommissioning~IICD)の監視の下に行われました。
これが直ちに和平に結びつくのかどうか予断を許しませんが、少なくとも半歩は前進したのではないかと思われます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。