J1第15節 ホーム 名古屋戦

新潟2連勝で暫定2位キープ
久方ぶりのホーム勝利
 
サッカーJ1第15節、アルビレックス新潟×名古屋グランパスは6月28日、東北電力ビッグスワンスタジアムで開催されました。
名古屋はこのスタジアムでまだ新潟に勝ったことはありませんが、この日はマギヌンが加わり、玉田も復帰し、ほぼベストメンバーで臨みました。新潟としても決して侮れる相手ではありません。
アルビレックス新潟の矢野貴章は今月いっぱいで契約が切れ、その後の去就が注目されるとあって、スタジアムではサポーターがコレオグラフィーでハートの中に貴章の背番号である中11を描き、サポーターの気持ちを表しました。
故障で出場できない永田松尾という強力DFの代役は中野千葉です。2人には代役と言わせない活躍が期待されます。
 
キックオフ後、序盤は名古屋のペースで試合が進みましたが、新潟はすぐに主導権を奪い、前半5分、ペドロ・ジュニオールが強烈なシュートを放つとそれはゴールポストに跳ね返されましたが、そこに詰めていた松下年宏が鋭く右足を振り抜くと、ライナーで相手GKをかいくぐりGOOOAL!! 新潟早々と先制! 新潟 1-0 名古屋
 
まつした としひろ どこまでも
  まつした としひろ 駆け抜けろ
 
その後も新潟のペースで試合がすすみ、イライラの続く名古屋マギヌンが前半27分、2枚目のイェローカードをもらい退場しました。
数的優位に立った新潟に対し、名古屋も踏ん張りましたが、前半終了直前の43分、松下が狙い澄ましたシュートを放つと、またもやこれが決まってGOOOAL!!  新潟 2-0 名古屋
 
今日はワンちゃんの日です。
 
新潟が2点リードで後半へ折り返しました。
 
後半、名古屋も攻撃をしかける展開が再三みられ、新潟はCKのピンチに見舞われますが、なんとかクリア。名古屋のダヴィも精神的な安定さを欠き、決定的なチャンスにも決めることができません。
 
このまま完封で勝利することも期待されましたが、後半の追加時間4分を回ったその時、途中出場した名古屋の杉本に1点を返されました。 新潟 2-1 名古屋
シャット・アウトできなかったのは残念ですが、新潟は勝ち点を28に伸ばし、暫定2位をキープしました。
 
次節は、今季調子が出ない柏が相手とはいえ、アウェーの試合です。
油断せずきっちり勝ち点3を持ち帰りましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。