使える英語

日本の外国語教育は?
 
8月1日(土)の朝日新聞朝刊、オピニオンのページに齋藤兆史東京大学教授の 学校で「使える英語」なんて幻想だ という記事がありました。昨今言われている「コミュニケーションを重視した英語教育」に対する反論です。
齋藤教授は「学校では文法をきちんと教え、英文を正確に読めるようにすること」が重要で、「話せることを急いで求めてはいけない」と言われています。
「そうやって教育されてきた英語が役に立たないものであった」という意見に対しては「では、教室で話す、聞くを中心としした英語で期待されるような英語力が身に付きますか?」と問いかけ直されています。
「英語で英語教育を」という提案に対しても「自分自身も何度もやってみたが疑問である」とし、「基本的な関係詞の用法とか仮定法とか、英語でどう教えるのでしょう?」と、やはり疑問を投げかけられています。
最後に「このままでは簡単なことは話せても、高度な英語はわからない、という学生が増えるのでは」と危機感を示されています。
 
私も齋藤教授の考えに基本的に同感です。買い物やホテルの予約などのチャラチャラ英会話は必要になれば否応なく使わざるを得ませんし、そもそも日本人全員に必要というわけではありません。
ただ、細かく言えば 学校で「そのまま使える英語」は幻想だ と思っています。
一方、私自身は中学生になって初めて英語に触れ、学校でしか英語の勉強はしませんでしたが、高校時代、英国や米国からの観光旅行者と片言の会話をすることは可能でした。ですから、学校での英語が全く無効であるとは思っていませんし、学校での基礎があって、その後の言語コミュニケーションにつながったとも思っています。
 
この記事の最後に取材を終えた記者が 中学・高校で教わり、その後「使いものになった」科目なんてあるだろうか。数学も音楽も美術も体育も・・・ としています。
英語もそうでしょうが、およそ学校で学んだことが「そのまま」使いものになる教科は殆どないでしょう。
しかし、数学的なものの考え、リズムや音程、和音、遠近法等は全て基本的なことです。音楽の授業を受けたからといって歌がうまくなるわけではないし作曲がすぐにできるわけでもありません。ベクトルを日常生活でそのまま使うことはありません。その意味では習った英語がそのままは日常生活に役立たないことは事実です。しかし、それらの基礎をなくして以後の発展はありません。
 
外国の人たちとディスカッションできる英語も、基本は知識であり、経験であり、考察する力であり、何よりもキチンとしたことばです。
会話なんてそれに付いてくるものです。

日本語でのコミュニケーションもままならない多くの若者に対して、私は「英会話の前にやることがあるだろう?」と言いたい気持ちです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。