リスボン条約批准

EU改革条約批准
=アイルランド国民投票=
 
アイルランドで10月2日、EU改革条約(リスボン条約)の賛否を問う国民投票が行われ、賛成票が全投票の3分の2を得て可決されました
この国民投票は昨年6月にも行われ、その時には、EUの議員定数が削減されるなど小国にとって不利益になる等の理由で否決されています
今回もシン・フェイン(Sinn Féin)やいくつかの政治団体が反対しましたが、EU側も議員定数をそのまま保つ等の妥協案を出し、アイルランドでの批准にこぎ着けました。
旧東欧のいくつかの国ではまだ承認手続きが行われてれていませんが、この結果は多少なりともそれらの国に影響を与えるのではないでしょうか。
 
私はもちろん部外者ですが、今回の動きを本当の意味でグローバルな視点で捉えると、ヨーロッパがひとつにまとまるのは方向性としては正しく、ポーランドやチェコでも早い時期に批准されるとよいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。