W杯ヨーロッパ予選プレーオフ第1レグ

アイルランド、ホームで痛い敗戦
アイルランド  0-1  フランス
 
11月14日はワールドカップ2010ヨーロッパ予選のプレーオフ第1レグが行われ、アイルランドはクローク・パークにフランスを迎えました。世界の注目はフランスの動向にありますが、アイルランドとしては2006年のドイツ大会出場を逃しているだけに、どうしても突破したい試合です。
アイルランドはドイル(Kevin Doyle)キーン(Robbie Keane)の2トップで臨みました。GKはギヴン(Shay Given)です。
試合は序盤、フランスが攻め込む場面が多く、特に前半11分、ゴールネットが揺らされたときはヒヤッとしましたが、これは副審がオフサイドを見逃さず、アイルランドは事なきを得ました。
前半28分、アイルランドは絶好の決定機を得ましたが、最後のボールをローレンス(Liam Lawrence)がミスキックし、得点を奪えません。
前半41分、アイルランドはコーナーキックのチャンスを得ましたが得点に結びつかず、前半は両チームともチャンスを生かしきれない展開で無得点のまま折り返しました。全体としてはフランスが攻撃的にきているといえます。
 
後半は両チームのせめぎ合いになりましたが、なかなかゴールを奪えません。
しかし後半27分、フランスのアネルカが放ったシュートがアイルランドの選手に当たり、角度を変えてゴールネットを揺らしていしました。不運な失点です。アイルランド 0-1 フランス
試合の経過とともにアイルランド選手の動きが鈍ってきました。そして、90分が経過し、残るはアディショナルタイムの2分だけです。
フランスは交代選手を入れるなどしてこの時間を乗り切り、アイルランドを零封しました。
第2レグは11月18日、フランスで行われます。逆転勝利に向けて、アイルランドの奮起が望まれます。
————————————————————————–
 
この日は世界各地で親善試合も開催されました。ウェールズはカーディフでスコットランドと、北アイルランドはベルファストでセルビアと対戦しました。
 
ウェールズ、スコットランドに大勝
ウェールズ  3-0スコットランド 
 
ウェールズの首都カーディフではウェールズ×スコットランドの親善試合が行われました。スコットランドは10月に日本との親善試合でよいところなく敗れていますので、再起を期したいところでした。しかし、前半、ゴールラッシュで主導権を握ったウェールズが最後までスコットランドに得点を与えず一方的な試合になりました。ワールドカップ本戦出場を逃し、2012年のユーロに向けての再出発でしたが、10月の対日本戦に続き2試合を落としたスコットランドの今後にやや不安を残しました。
 
北アイルランド惜敗
北アイルランド 0-1セルビア  
 
両チームともGKがよく踏ん張り、得点の匂いがなかなかしない試合でしたが、後半12分、セルビアのラゾヴィッチに得点を許し、0-1で北アイルランドが敗れました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。