J1代32節 ホーム 柏戦

どこまでもお人好しアルビ
 
サッカーJ1第32節、アルビレックス新潟×柏レイソルは11月21日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。新潟は来年のACLを目指してなんとしてでも3位以内に入らねばならず、勝ち点3が必要です。一方の柏も残留のためには他力本願とはいえ、自らは勝ち続けるしかありません。
気持ちの強い方にボールは転がる。そんな試合でした。
 
前半はアルビが矢野貴章マルシオ・リシャルデスといったところがいいポジションでシュートを放ち、ゴールの可能性を感じさせました。しかし、均衡を破ったのは柏でした。
前半35分、柏のフランサに個人技でボールを持ち込まれ、DF内田も突破されてGK北野と1対1になります。そしてすかしたように蹴りこまれ決められます。新潟 0-1 柏
前半43分、マルシオが怪我で酒井高徳との交代を余儀なくされます。
そして前半は0-1のまま折り返しました。
 
後半もアルビは攻めますがなかなかゴールを割れません。
終盤にはチョ・ヨンチョルエヴェルトン・サントスといった攻撃的な選手を投入しますが、どうしても決定打が出ず、結局試合はこのまま柏が勝利しました。
 
これで、リーグ戦後半に入り、新潟は降格が決まった大分、降格圏の神戸、柏に勝ち点を献上したことになります。優しいチームです。
 
他会場では浦和が勝ち、アルビを追い抜きました。
まだ天皇杯がありますし、天皇杯の結果ではリーグ戦4位でもACL出場が可能です。あくまでも上を目指し、次節は奮起してほしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。