チリのなでしこたち

日本女子代表優勝
アルビ L の3選手も活躍
 
南米のチリは今年の9月18日に独立200周年を迎えますが、それを記念して様々なイベントが繰り広げられています。今月13日からはサッカー女子200周年杯(La Copa Bicentenario Femenina)が行われ、地元チリ以外にアルゼンチンコロンビアデンマーク、それに日本の4か国が参加し、計5か国で争われました。日本女子代表のメンバーの中にアルビレックス新潟レディース川村優理上尾野辺めぐみ菅澤優衣香の3選手も入っています。
 
結果は既に報じられているように、日本は初戦デンマーク1-0と勝利、チリとは1-1のドロー、コロンビアには4-2で勝利し、勝ち点7でトップを走っていましたが、昨日(日本時間今日早朝)行われたアルゼンチンとの試合に3-0で勝利し、勝ち点を10に伸ばし優勝しました。最終戦の結果は日本ではまだ報じられていないようです。(大会そのものともリンクが途絶えたようでうす。)
 
アルビレディースの3選手は最終戦を除く3試合に先発あるいは途中交代で出場し、勝利に貢献しました。中でも日本の報道を含め、いろいろな情報から考えると菅澤の活躍が目立ったようです。
なでしこジャパンはこの後2月には東アジア選手権の試合があります。チリ遠征の経験を十分活かし、しっかりと闘ってほしいものです。アルビレディースの選手も主力として定着してくれることを願っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。