北アイルランド和平へまた一歩

ウエストミンスターからストーモントへ
脱英国へ大きな一歩
 
日本でも既に大きく報道されたように、2月5日、北アイルランドにおける警察と司法の権限がロンドンからベルファスト、すなわち英国政府から北アイルランド自治政府に移されることが合意されました。
この合意はヒルズバラ城(Hillsborough Castle)で北アイルランド議会(Parliament Assembly)のロビンソン(Peter Robinson首相(Prime Minister, Taoiseach First  Minister )民主統一党~DUP)、マクギネス(Martin McGuiness)副首相(Deputy Minister)(シン・フェイン~Sinn Féin)、アイルランドのカウエン(Brian Cowen)首相(Taoiseach) 、英国のブラウン(Gordon Brown)首相(Prime Minister )が揃い発表されました。アイルランドの公共放送RTÉ映像がアップされていますので少々長いのですがご覧ください。
マクギネス副首相とともにカウエンアイルランド首相、ブラウン英国首相のみならず、ここまで和平に関わったアハーン前アイルランド首相、ブレア前英国首相、メイジャー元英国首相、クリントン元米国大統領、オバマ現米国大統領に謝意を述べるくだりは印象的です。マクギネス副首相のアイルランド訛りとジョーク、ブラウン首相のスコットランド訛りもなかなかオツなものです。
また、この合意の全文はここにあります。これも参考になります。
 
:以前にも書いたように、議会は英国でParliamentと言いますが、北アイルランドでは格下のAssemblyと呼ばれます。アイルランドではゲール語でDáil Éireann(ただし下院)と言います。
それに伴い、首相も英国ではPrime Ministerと言われるのに対し北アイルランドではFirst Ministerと言われます。アイルランドではTaoiseachです。
 
この日が文字通りにグッド・フライデーとなり、アイルランドの真の独立に進展することを願っています。
Philips’ Modern School Atlas に加筆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。