J1第3節 アウェー G大阪戦

GK東口 踏ん張りドロー
 
サッカーJ1、ガンバ大阪×アルビレックス新潟は3月20日、万博記念競技場で行われました。
風は強いものの暖かな晴天に集まった入場者数は17,000人弱を数えました。
この日の新潟は負傷の黒河に代わって、GKには東口、サブには昨日緊急補充したばかりの金井が入りました。またMFマルシオ・リシャルデスが久々の先発で期待を集めました。
マルシオはチームの中核として機敏な動きを見せ、シュートも放ちますが、ゴールポストに嫌われ得点につながりません。
一方のG大阪もパス、シュートの精度が悪く、得点できません。
アルビのGK東口は試合開始前になんとなく漂っていたサポーターの不安をかき消すパフォーマンスで「あわや」の場面を防いでくれました。
試合は結局 0-0 のドローでした。
惜しい場面もありましたし、次節もアウェーですが、是非初勝利といきたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。