トゥーロン国際大会

日本代表全敗で予選突破できず
-トゥーロンU-21国際大会-
 
FIFA公認の国際大会として毎年開かれてる国際「希望」フェスティバル(Festival "Espoirs" International~いわゆるトゥーロンU-21国際大会)が5月18日から行われています。この大会に日本も参加し、アルビレックス新潟からDFの大野和成、MFの木暮郁哉もメンバーに加わっています。
参加は地元フランスを始めデンマーク、ロシア、コートジボワール、日本、カタール、コロンビア、チリの8か国で2グループに分かれリーグ戦を行い、各グループ上位2チームが決勝ラウンドに進みます。
日本フランスコートジボワールコロンビアと同じグループAに入りました。
日本の初戦は5月18日のコートジボワール戦で、大野木暮は先発しましたが、日本は守備を崩され0-3と敗れました。第2節のフランス戦では大野木暮は出場せず、日本は1-4とこれまた大敗しました。5月22日に行われた第3節のコロンビア戦で木暮大野は先発し、木暮はフル出場しましたが、日本は前半、守備の弱さから3点を奪われ、大野は前半終了前に交代させられました。試合は0-3で日本が敗れました。
グループAでは全勝のフランスが1位、2勝のコートジボワールが2位、1勝のコロンビアが3位、全敗の日本が4位でした。3試合合計で日本の取った得点はフランス戦で菅沼があげた1点のみで、合計10失点は日本の攻撃力のなさとともに、守備のもろさも露呈しました。
この大会は5月27日まで開かれています。
 
全体としてみると、日本の選手のゴール意識の低さに加え体力の欠如が目立ちました。これまでのこの大会に出場した日本チームの中では最も弱かったのではないかと思います。
このチームはロンドン五輪を目標としています。選手の入れ替えも含め立て直しが必要でしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。