ナビスコ杯 京都戦

ホームで惨敗、新潟窮地に
-ナビスコ杯第4節-
 
ナビスコカップ第4節、アルビレックス新潟×京都サンガFCは5月26日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。新潟はミシェウファグネルの2トップ。バックには鈴木大輔を入れました。そして、この日のGkは黒河貴矢です。
新潟はナビスコ杯初の予選突破に向け、なんとしてでも勝ちたい試合です。
 
しかし、現実は京都の一方的な展開になりました。
 
前半32分、40分に京都、柳沢にゴールを決められます。新潟 0-2 京都
 
後半、新潟はファグネル大島秀夫に代えますが18分にドゥトラに決められます。そして29分、PKをディエゴに決められ、ダメ押しに近い4点目を奪われます。新潟 0-4 京都
なんとしてでも完封だけは避けたい新潟は後半35分、セットプレーから鈴木大輔が1点を返しますが時既に遅く、結局、新潟 1-4 京都と完敗でした。
 
他試合の結果から、トップの京都(勝ち点8)から、FC東京(勝ち点7)、仙台(勝ち点5)、大宮(勝ち点4)、新潟(勝ち点4)、名古屋(勝ち点2)、C大阪(勝ち点1)と上位~中位はダンゴ状態ですが、今後かなり苦しいことには違いありません。
次節は29日にホームで大宮戦です。相手は休養十分で来ますが、最終戦を消化試合にしないためにも、是非とも勝ち点3を奪いたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。