裏切り以外の何ものでもない

命がけということ
 
「つれづれなるまま」では済まないことですが、私は特に支持する政党があるわけではありませんし、そもそも政治は好きではありませんので、特別のカテゴリーを作りたくありません。しかし、沖縄基地に対する今回の首相の対応は決して許してはいけないと思います。
私は言葉は大切であるとりわけ責任ある人の言葉はとても重いものだと常日頃から思っています。
 
しかるに、鳩山首相がこれまで発言したことは何だったのでしょうか?どう考えても欺瞞でしかありません。
命がけはこんなに軽いものでしょうか?命を懸けるですよ。命懸けというのは死んでも構わないということです。
 
沖縄基地問題がどのように解決されるのが好ましいのか私が確たる自信を持って言うことはできません。私が言いたいのは一国の首相たる人が言葉をかくも軽々しく使っているということです。
ましてや意見の食い違う福島社民党党首のとった態度は至極当然です。
社民党がもしこのまま与党としての地位に綿々とするなら、デタラメな鳩山政権に加担するということであり、それは同時に国民をも裏切ることです。日曜日に最終態度を決めるようですが、私は直ちに連立政権から離脱すべきだと思います。それは結果的に次の選挙で社民党の議員を減らすことになるかもしれませんし、自民党を利するだけかもしれません。しかし、こんな嘘八百の鳩山民主党は直ちに粉砕されなければなりませんし、罷免されるべきは鳩山総理、その人です。
党の代表たる人がこんな有様ですから、党自体も推して知るべしです。
孤高であっても社民党は断固として主張を貫き通すべきです。
「選挙もにらんで、地方議員の意見を聴く」のではなく、「選挙戦が苦しいことは覚悟の上で地方議員を説得する」のが筋でしょう。
 
私はこんな総理大臣しか選び出せないような日本国民であることが恥ずかしくて仕方ありません。日本人であることにプライドを持てません。できることなら日本国民を辞めたいくらいです。できることなら・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。