ナビスコ杯 大宮戦

予選突破へ望みをつなぐ
 
ナビスコ杯第5節、アルビレックス新潟×大宮アルディージャは5月29日、東北電力ビッグスワンスタジアムで行われました。やや冷たい風は吹くものの、好天に恵まれ、スタジアムには約22,000人が入場しました。
 
アルビレックス新潟は第4節の京都戦から先発をやや修正し、FWにはファグネルに代えて大島が入り、ミシェウと2トップを形成しました。今日の先発GKは東口です。
試合は前半、新潟が危ない場面もありましたが、両チームスコアレスで折り返します。
 
後半に入っても両チーム拮抗し、なかなか試合が動きません。
新潟は後半29分、ボランチの小林に代わり三門が、35分にはミシェウに代わりフランスから帰って間もない木暮が入りました。
すると後半37分、マルシオ・リシャルデスが押し込み 新潟先制!新潟 1-0 大宮
 
終了間際には内田を投入してガッチリ守りきり、1-0で新潟が勝利しました。
これでA組の1位から4位まで完全にダンゴ状態です。明日の京都-名古屋戦で情勢はまだ動く可能性はありますが、とりあえず新潟は予選突破の可能性を残しました。
ナビスコ杯初の予選突破に向け、最終戦には是非勝利してほしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。