ふるさとの歌[10-05]ダルキース

ふるさとの歌[10-05] 古城の街ダルキース
 
スコットランド、エディンバラ(Edinburg)の少し南東、ダルキース(Dalkeith)に古いお城があります。メルヴィル城(Melville Castle)です。
この城が現在の形になる前、既に14世紀に建物の基盤はあり、メルヴィル家によって受け継がれてきました。18世紀末、メルビル家の最初の伯爵であるヘンリー・ダンラス(Henry Dunras)のために今のようなゴシック様式の城が建てられました。19世紀にはヴィクトリア女王(Queen Victoria)や国王ジョージ4世(George IV)、作家のウォルター・スコット(Sir Walter Scott)なども訪れているようです。その後持ち主が幾度となく代わり、そのうち空き城となり、1980年代まで誰も住んでいませんでした。
20世紀終わからはホテルとして運営され、このかわいらしい城には多くの人が訪れるようになっています。
 
Philips’ Modern Schoo Atlas(George Philip & Son Ltd., London, UK, 1982)に加筆
 
エディンバラやダルキースはスコットランドのいわゆるローランド(Lowland)に属しますが、この辺りの氏族(Clan)は時にもう少し南のボーダー・カントリー(Border countries)の氏族とともにイングランドの侵略を防いできていました。また、時に氏族同士の争いも見られたようです。
そんな戦場へ向かう若者が自分の恋人に別れを告げるためにメルヴィル城へ来た時の歌が伝えられています。主人公はウィリー(Willie=William)で、なんか女性の名が次々に出てきます。そして最後が「・・・then I’ll wed ye a’.(then I’ll wed you all.)」です!
モテモテのウィリー、うらやましいですね。
 
この詩にも他のスコットランドの詩と同じようにスコットランド方言やスコットランド語がふんだんに含まれていますので、標準英語訳を付けます。方言は同じスコットランドでも地方によって発音やスペルが違いますが、そのうちのひとつを紹介します。
 
                                Melville Castle
 
      スコットランド方言                        標準英語
 

      Chorus       Chorus
O Willie’s gane* tae Melville Castle, O Willie’s gone to Melville Castle,
Boots and spurs an a’, Boots and spurs and all
Tae bid the leddies a’ fareweel To bid the ladies all farewell
Afore he gaed* awa’. Before he went away.
Willie’s young and blythe and bonnie, Willie’s young and merry and handsome
Lo’ed by ane and a’, Loved by one and all
Oh! What will a’ the lassies do Oh! What will all the ladies do
When Willie gaes awa’ ? When Willie went away ?
The first he met was Lady Kate, The first he met was Lady Kate,
She led him through the ha’, She led him through the hall
And wi’ a sad and sorry heart And with a sand and sorry heart
She loot the tear-drop fa’. She let the tear-drop fall.
Beside the fire stood Lady Grace, Beside the fire stood Lady Grace,
Said ne’er a word ava; Said never a word at all
She thocht that she was sure o’ him She thought that she was sure of him
Afore he gaed awa’. Before he went away.
      Chorus       Chorus
Then ben** the house cam’ Lady Bell, Then through the house came Lady Bell,
"Gude troth ye need na craw, "Good troth (truth) you need not boast,
Maybe the lad will fancy me, Maybe the boy will fancy me,
And disappoint ye a’." And disappont you all."
Doun the stair tripped Lady Jean, Down the stair tripped Lady Jean,
The flower amang them a’, The flower among them all,
"O lasses trust in Providence "O ladies trust in Providence
An’ ye’ll get husbands a’." And you’ll get husbands all."
      Chorus       Chorus
When on his horse he rade awa’ When on his horse he rode away
They gathered round the door, They gathered round the door,
He gaily waved his bonnet blue, He gaily waved his bonnet blue,
They set up sic a roar, They set up such a roar,
Their cries, their tears brocht Willie back, Their cries, their tears brought Willie back,
He kissed them ane an’ a’, He kissed them one and all,
"O lasses bide till I come hame "O ladies live till I come home
And then I’ll wed ye a’." And then I’ll wed you all."

 
*gae-gaed-gane=go-went-gone
**ben:mountain, living room, in, through, etc.
 
スコットランド方言、スコットランド語の発音について:
以前、ハリー・ローダーの記事でも少し述べたように、スコットランド語、スコットランド方言に留まらず、英語のの発音にもいくつかの特徴があります。スコットランドでも地方によって少しずつ異なりますが、ほぼ共通する特徴について略記します。
1.英語の[ei]の音が[i:]になります。ロンドンのコクニーでは[ai]になるのと比べると興味深く思われます。
  例:day(標準~デイ、スコット~ディー、コクニー~ダイ)
2.英語の gh ch に代わるものがあり、その場合、ch はドイツ語の ch、エスペラントの ĥ、スペイン語の ロシア語の х と同じ発音をします。
  例:(英)thought(スコット)thocht[ソホト] (英)night(スコット)nicht[ニヒト]
3.ouは英語では通常[au]の発音をしますが、スコットランドではしばしばフランス語のように[u]または[u:]になり、時にスペルまでもがooに代えられます。
  例:(英)round[ラウンド](スコット)round[ルンド]又はroond[ルーンド]
4.rはかなり巻き舌の音です。ロシア語、ドイツ語に近いと思ってください。
 
最初の2行「O Willie’s gane tae Melville Castle,boots and spurs an a’,」を標準的な英語読みをすると「オ ウィリーズ ゲイン テイ メルヴィル カスル、ブーツ アンド スパーズ アン オー、」ですが、スコットランド発音では「オ ウィリーズ ギーン ティー メルヴィル カスル、ブーツ アンド スプルズ アン オー、」になります。
 
YouTubeからはラヴィー(Robert Lovie)の歌うメルヴィル城をどうぞ。
スコットランド方言とともに、押韻(a’)も強烈です。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。