J1第21節 アウェー 横浜FM戦

新潟3連勝ならず
 
サッカーJ1第21節、横浜Fマリノス×アルビレックス新潟は8月29日、日産スタジアムで行われました。
新潟は矢野貴章がドイツ移籍で抜けたとはいえ、力のある大島秀夫がいますし、明堂和也ジョン パウロらの台頭も期待されます。
この日の新潟のシステムは従前の貴章の位置に大島が入るというものでした。
前半は新潟が攻勢をかけますが、ゴールをこじあけることができません。よい体制にはもっていくのですが、横浜のベテラン勢に止められてしまいます。
前半は両チーム無得点で折り返し、後半勝負になります。
 
後半に入ると横浜が自分たちの形に持ち込むようになります。特に前半開始早々に山瀬に決められたのは痛手でした。
後半26分には中村俊輔に得点を許し、終了近くの後半40分には長谷川アーリア ジャスールにダメ押し点を与えてしまい、結局 0-3 で完封負けしました。
 
新潟にとっては幸いなことに、不人気代表戦に誰も招集されていませんし、ナビスコ杯も予選敗退しています。この間にしっかり調整し、新体制でのチームワークを確認して次節のガンバ戦に臨んでもらいましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。