永田、キリンチャレンジカップへ招集

久しぶりの選出
永田、キリンチャレンジカップへ
 
日本サッカー協会は9月2日、キリンチャレンジカップ2010に出場する日本ナショナルチームのメンバー交代を発表しました。負傷のため出場できなくなった名古屋グランパスの田中マルクス闘莉王に代わり、アルビレックス新潟永田充が入ります。アルビレックス新潟のホームページにも掲載されています。
永田は柏レイソルにいた2004年以来の招集で、新潟の選手としては初めてです。
今回のナショナルチームのメンバーとしてはアルビレックス新潟の酒井高徳も有力視されていましたが、闘莉王の代わりというなら、やはりCBということで永田になったと思われます。新潟に来てからも何回かナショナルチームメンバーの候補者として名前が挙げられたことがありますので、とうとう実現したと言えるでしょう。
27歳ですからブラジルW杯の時には31歳になりますが、CBというポジションには老練さも求められます。是非結果を出し、ナショナルチームに定着してほしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。