ふるさとの歌[10-10]アイルランド②

ふるさとの歌[10-10] 緑の国アイルランド
 
アイルランドには40もの緑があると言われます。
それを歌った歌がこのForty Shades Of Greenです。
この曲は1959年、米国の著明なシンガー・ソングライター、ジョニー・キャッシュ(Jonny Cash)によって作られました。
ノーベル賞受賞の場でも歌われたことがありますし、アイルランドを知る人にとっては、特に心に響く曲ではないでしょうか。
憧れのティッペラリー娘を追いながら美しいアイルランドを歌います。

    Forty  Shades Of Green
 

I close my eyes and picture the emerald of the sea

From the fishing boats at Dingle to the shores of Donaghadea

I miss the River Shannon, the folks at Skibbereen.

The moorlands and the meadows with their forty shades of green.

But most of all I miss a girl in Tipperary town.

 

Refrain

And most of all I miss her lips as soft as eiderdown.

Again I want to see and do the things we’ve done and seen

Where the breeze is sweet as Shalamar

And there’s forty shades of green.

 

I wish that I could spend an hour at Dublin’s churning surf

I’d love to watch the farmer drain the bog and spade the turf

To see again the thatching of straw the women clean

I’d walk from Cork to Larne to see the forty shades of green

But most of all I miss a girl in Tipperary town

 

Refrain

 
 
 from the fishing boats at Dingle to the shores of Donaghadea
 miss the river Shannon, the folks of Skibbereen
 miss a girl in Tipperary town
 breeze is sweet as Shalamar
 spend an hour at Dublin‘s churning surf
 walk from Cork to Larne
 
もちろん、ジョニー・キャッシュ自身も、あるいは彼の娘、ロザンヌ・キャッシュ(Rosanne Cash)も歌っていますが、YouTubeからは敢えてアイルランドのダニエル・オドンネル(Daniel O’Donnell)をお聴きください。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。