天皇杯4回戦 名古屋戦

アルビ、PK戦で涙
 
第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会第4回戦、名古屋グランパス×アルビレックス新潟は11月17日、瑞穂運動公園陸上競技場で行われました。
 
新潟は前半立ち上がりに失点し0-1で折り返しましたが、後半23分、木暮郁哉に代わって後半開始から投入された田中亜土夢が相手ゴール前の競い合いからGOOOAL!! 新潟は同点に追い着き、1-1のまま延長戦に突入しました、
 
延長に入ると、疲労困憊(主力を温存し、「フレッシュ」メンバーなのに何故だ!?)した名古屋は明かに引き分け→PK戦を狙いガチガチに守りを固めました。全く得点する気力はないようでした。
新潟はこのテのチームが苦手で、圧倒的に攻め込み、殆ど名古屋陣内での試合になったのですが、惜しいところでゴールを逃がし、どうしても得点できません。
 
遂に延長も終わり、PK戦に持ち込まれました。
 
PK戦では名古屋 5-4 新潟という結果になり、新潟のベスト8進出はなりませんでした。
 
試合後は大健闘した選手たち、に大きな拍手がおくられました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。